楽器とボーカルの練習に役に立つ&読んで楽しい音楽情報

ドラム初心者のためのリズムレッスン。基本的なリズムの種類と練習方法とは?

ドラム レッスン

ドラムは基本的にバンドにおいてリズムを刻むという役割を担う楽器です。しかし、単にリズムと言ってもさまざまなものがあります。1種類のリズムパターンのみの曲もあれば、中には複数のリズムパターンを組み合わせて構成されている曲もあります。

ドラマーとしてさまざまな曲をプレイするためには、いくつものリズムパターンをマスターする必要があります。そこで、ここでは初心者ドラマーが習得しておきたいリズムパターンをいくつかご紹介したいと思います。

リズム練習は自宅でも可能ですので、さっそく覚えていきましょう。

 

■基本的なリズムパターンをレッスン!

それでは、具体的にリズムパターンをご紹介します。

・8ビート

ロックやポップスなどで使用されるもっとも一般的なリズムパターンがこの8ビートです。その名の通り、8分音符で構成されたパターンで、多くのドラマーが一番最初に覚えるリズムパターンとされることも多いです。

基本的な叩き方は、ハイハットで8分音符を刻み、2拍目(3回目)と4拍目(7回目)にスネアを入れるというもの。1拍目(1回目)と3拍目(5回目)にバスドラムを入れるのも定番のパターンです。

▼シンプルな8ビートレッスンの参考動画

 

・16ビート

こちらもロックやポップスをはじめとして、ファンクなどでも使用されることの多い定番のリズムパターンです。8ビートと同じく、その名の通り16分音符をベースとしたリズムになります。

16ビートにはさまざまなパターンがありますが、ベースとなるのが16分音符であり、8ビートと同様に2拍目と4拍目にスネアでアクセントを入れるというパターンが基本となります。

▼シンプルな16ビートレッスンの参考動画

 

・シャッフル

スキップをしている時のような、跳ねたリズムを特徴とするのがシャッフルというパターンです。こちらは3連符をベースとしたもので、さまざまなパターンがあります。ブルースなどに使用されます。

前述の8ビートや16ビートと比較すると、ややタイミングがとりにくく、初心者ドラマーの最初の壁となってしまうことも多いリズムパターンです。しかし、コツを掴むことができれば自然に叩けるようになりますので、じっくりとリズムを覚えて練習しましょう。

シャッフルのパターンについては言葉での説明が難しいので実際に聴いてみましょう!

 

■基本的なリズムを身につけて、いろんな曲に挑戦しよう!

このような基本的なリズムをしっかりと身に着けることができれば、さまざまな曲を叩くことができるようになります。まずは、身体が覚えるまでしっかりとリズムを刻む練習をしましょう。

 

初心者ドラマーのための基礎知識
初心者ドラマー向け。ドラムスティック選びはここを見る
【ドラムの選び方】電子ドラムは練習にならないのか?その理由とは

 

楽器を始めたい♪大人女子のための音楽教室
ドラムレッスンなら音(オン)ガール で 無料体験レッスン受付中

グッドラック・ナギ by
音楽と猫とプロレスをこよなく愛する恐妻家系ライター。最近の悩みは抜け毛と優秀なレスラーの海外流出。特技は美味しい唐揚げ作り。今後の目標は極上のチャーシュー作り。座右の銘は「人生はギャグだ!フィクションだ!」by町田康。