楽器とボーカルの練習に役に立つ&読んで楽しい音楽情報

エレキギター購入はどれが得?初心者は新品と中古どちらを買うべきか

エレキ 選びかた

初めてエレキギターを購入する時、どこで何を買うべきか悩むでしょう。購入場所の選択肢が広がりましたが、楽器店で新品を購入するのがもっとも一般的です。しかし、最近では中古楽器の専門店も増えていますし、リサイクルショップでもエレキギターが売られています。

 

また、”メルカリ”や”ヤフオク”など、ネットでのオークションや個人売買での購入を考えている方もいらっしゃるかもしれません。ではエレキギターの場合、どこで買うのが得なのでしょう?今回は、これからギターを始めようと考えている初心者の方に向けて、新品と中古の違い、選び方などについてもご紹介しましょう。

 

拡大する中古エレキギター市場!高級ギターも格安で買える?

年々中古エレキギター市場は拡大し続けていると言われています。それこそ、最近では専門店以外でも中古ギターを販売するお店はどんどん増えています。また、ネット上での個人での取引も身近なものになりました。

 

そんな中古エレキギターを選ぶことには、どんなメリットがあるのでしょう?

 

中古エレキギターのメリットとは

最初に挙げられるのは「価格の安さ」です。状態やメーカー、人気モデルかどうかにもよりますが、一般的に新品の7割から1割程度の価格で手に入れることができます。

 


▲新品だと25~30万円のGibsonも中古なら手が届く!?

 

オーダーメイドギターや、あまり人気のないモデルの場合、新品の価格が50万円以上するようなものであっても、中古市場では数万円で売られている…なんてケースも珍しくありません。

 

また、現在では新品での入手が困難な生産終了モデルや限定品を手に入れることができるという点も中古ならではの魅力です。

 

中古エレキギターならではのデメリット

ギター 新品と中古

価格の面では、どうしても中古の方がメリットが大きく感じられるでしょう。

 

しかし、その一方でデメリットも決して少なくありません。

 

エレキギターには使用することや、年月が経過することによって消耗してしまうパーツがあるのです。例えば、フレットなどは使用した分だけ擦り減っていきます。また、各種ポッドやスイッチ、ジャックなども時間の経過とともに劣化してしまうケースが多いのです。

 

専門店で本格的なオーバーホールをされているものを除いて、中古品の多くはどこかに必ずダメージがあるもの。

 

購入した時点では問題なく演奏することができたとしても、新品と比較すると確実に消耗パーツを交換せずに使用できる期間は短くなるケースがほとんどです。

 

最初からパーツ交換が必要なほどに痛んでいるものも少なくありません。

 

例えば、1万円でギターを購入できたとしても、フレットや電気系統パーツをまるごと交換しなければならないとすると、その費用は3~5万円ほどかかってしまいます。これでは、いくら安く購入できても意味はありません。

 

パーツ交換で済めばまだいいですが、ネックの極端な反りやねじれ、ボディ材の割れや変形といった、楽器として致命的なダメージのある中古品も多いのです。

 

エレキギター 特徴
▲さまざまなチェックポイントのあるエレキギター。状態の見極め、できますか?

 

初心者は新品を選ぶべき?その理由、新品ならではのメリット

確かに価格の安い中古品は魅力的かもしれません。ですが、初心者はやはり新品を選ぶべきだという声が多く聞かれます。

 

それはどうしてなのでしょう?

 

最大の理由は、初心者の場合は中古品の状態を見極めることができないという点です。前述の通り、中古品の中には致命的な欠陥を抱えているものも少なくありません。ですが、ギターに関する知識が乏しいと、そこを見抜くことができないのです。また、故障していたとしても、その事に気付くことすらできないケースもあります。

 

また、中古品はどうしても故障などのトラブルが多くなってしまいます。中級者や上級者であればすぐに対処できるようなトラブルであっても、初心者には対処はおろか、その原因すらわからないでしょう。

 

新品であれば、こういった問題はほとんど起こりません。万が一、トラブルがあってもメーカー保証などで対処できますので、安心してギターをプレイすることができるのです。

 

初心者が中古ギターを購入する場合は?

基本的に、初心者の方には中古ギターはあまりおすすめできません。ですが、予算の都合などからどうしても中古を…という方もいらっしゃるでしょう。

 

そこで、初心者の中古ギター選びのコツについてもお話しましょう。

 

まず、必ず専門店で購入するようにしましょう。本人にギターの知識がなくても、専門店であればスタッフのアドバイスを受けることができます。また、専門店の場合、基本的に致命的な欠陥や故障のあるギターは、はっきりとそう明記された上で売られています。

 

新品価格と比較して、かなり安いものを見つけた場合「どうして安いのか」という理由をスタッフの方に聞いてみることも大切です。「不人気モデルだから」「見た目に傷が多いから」といった理由であれば、購入しても問題はありません。逆に「機能面に問題がある」といった理由の場合、初心者の方は避けるべきです。

 

中古ギター 注意点
▲多くの中古ギターを取り扱う専門店がやっぱり安心!

 

新品・中古それぞれのメリットとデメリットを頭に入れてギターを選ぼう

このように、新品にも中古にもそれぞれのメリット・デメリットがあります。これをしっかりと頭に入れた上で、あなたにぴったりな「はじめてのエレキギター」をチョイスしましょう。

 

 

あわせて読みたい、ギター記事
【ギター初心者必読】最初に覚えるべき「ギターの種類と特徴」 
【ギター初心者必読】ストラトやレスポールだけじゃない! 隠れた人気のエレキギター・Gibson系編 
ギター挫折者をゼロに!指1本でコードが鳴らせるツール「Qactus(カクタス)」 

 

プロに習うと上達が速い!
EYS音楽教室 ギターコース

グッドラック・ナギ by
音楽と猫とプロレスをこよなく愛する恐妻家系ライター。最近の悩みは抜け毛と優秀なレスラーの海外流出。特技は美味しい唐揚げ作り。今後の目標は極上のチャーシュー作り。座右の銘は「人生はギャグだ!フィクションだ!」by町田康。