楽器とボーカルの練習に役に立つ&読んで楽しい音楽情報

自撮りで上達?自分の演奏を客観的に観てみよう!

ギターをはじめたばかりのころは、これまでできなかったことが、どんどんできるようになります。なので、自分の成長をしっかりと実感することができるでしょう。しかし、中級者の少し手前くらいになると、成長を実感することができなくなってくるものです。その結果として、練習がつまらなくなってしまいます。

しかし、効率的に練習を重ねていれば、うまく実感できなくても確実に成長はできているものです。それを積み重ねることによって、多くのギタリストが中級者、そして上級者へとステップアップしていきます。

せっかく練習をするのであれば、自分の成長をしっかりと確認したいもの。そして、自分の成長や、欠点などがはっきりわかればさらに成長に役立てることができます。

そこで、今回は自分の練習や演奏を客観的にチェックし、より成長する方法についてご紹介しましょう。

■自分の演奏を録音してみよう

自分の演奏を客観視するために、もっとも簡単な方法は、自分の演奏を録音するという方法です。
初心者の方の場合、どうしてもプレイすることばかりを意識してしまいます。なので、確かに聞こえているにもかかわらず、その音を意識できないのです。
これでは、自分の演奏のいいところも、悪いところもわかりません。なので、すでにできている部分ばかりを練習し、逆に不得意とする部分の練習が不足するといった非効率な状態になってしまうのです。
当然、これでは効率的に上達することはできません。

そこで、一度客観的に聞くために日常的に自分の演奏を録音し、落ち着いて聴いてみる習慣をつけるようにしましょう。

いきなり録音というと、ちょっとハードルが高く感じられるかもしれません。ですが、今日ではさまざまな方法で、簡単に演奏を録音・再生することができます。

♪スマホを使って録音してみよう

もっとも簡単な方法が、スマホの録音機能を使用するというもの。今日のスマートフォンの多くには簡単な録音機能が搭載されています。マイクも内蔵されていますので、ギターやアンプなどを接続する必要もありません。
ワンタップで録音をスタートし、そのまますぐに再生できますので、気軽に毎日の練習に取り入れることができるでしょう。

簡単な方法ですが、自分の演奏を客観的に聴く上で、とても有効な方法です。

個人練習はもちろんのこと、バンド練習を録音し、後日あらためてチェックするのにも便利です。
最近のスマホはマイクも高性能になっており、ストレージ容量が大きなものも増えていますので、かなり高音質での録音が可能です。

さらに、ギタートレーニング向けのレコーダーアプリなどを使用すれば、より細かくプレイをチェックできます。中には無料でDLし、使用できるものもありますので、チェックしてみてください。

♪DAWソフトを使った録音

自分の演奏をより細かく分析し、チェックしたいのであればDAWソフトを使用するのも有効です。
演奏のテンポを落としたり、部分的な抽出もできますので、ちょっとしたミスや、繊細なタッチにいたるまでチェックすることが可能です。

パソコンとDAWソフト、そしてオーディオインターフェースがあればすぐに簡易レコーディング環境が作れますので、デモテープ作りにも役立つでしょう。

もっとコンパクトなシステムで録音したいという方は、小型のデジタルMTRなどを使用するのもおすすめ。メトロノームやリズムマシンなどを内蔵したものも多いので、より練習を充実させることができます。

■ギター上達には自撮りもおすすめ?

音を録音するだけでなく、映像を撮影するのもギター上達のために有効です。音と同時に、フォームなどもチェックすることができます。
自分ではきれいなフォームで演奏できているつもりでも、客観的にチェックしてみると、無駄な動きが多いというケースも少なくありません。
自分がプレイしている映像と、プロギタリストの映像などを比較してみると、より自分の欠点がはっきりと見えてくることもあるでしょう。

それでは、簡単な録音の方法をいくつかご紹介しましょう。

♪スマホのカメラで練習を自撮り

先ほどの録音と同様に、スマホをうまく活用してみましょう。今日のスマホには当たり前にカメラが搭載されています。そして、写真だけでなく動画の撮影にも対応していますので、これを利用してみましょう。
方法はとても簡単。自分の前にスマホを置いて、実際に演奏するだけです。自撮り用のスマホ三脚やスタンドなどを使用すれば、さらに快適に練習の撮影ができるでしょう。

♪音楽に特化したムービーカメラもある?

スマホよりもより本格的に撮影したいのであれば、音楽撮影向けのムービーカメラもチェックしてみましょう。
バンド練習なども綺麗に撮影・録音できるように、広角レンズと高性能マイクを搭載したムービーカメラなども登場しています。こういったアイテムを使用すれば、さらに高画質・高音質での撮影が可能です。

また、近年のビデオカメラや、デジタルカメラには外付けのマイクも接続できるようになっています。これらをうまく利用すれば、より練習に役立てることができるはずです。

グッドラック・ナギ by
音楽と猫とプロレスをこよなく愛する恐妻家系ライター。最近の悩みは抜け毛と優秀なレスラーの海外流出。特技は美味しい唐揚げ作り。今後の目標は極上のチャーシュー作り。座右の銘は「人生はギャグだ!フィクションだ!」by町田康。