楽器とボーカルの練習に役に立つ&読んで楽しい音楽情報

楽器への思いを川柳に!ヤマハが坂崎幸之助さんを審査員に迎え「楽器・音楽川柳」を募集

音楽 募集

軽音部あるある」や「バンドあるある」のように、楽器を演奏したり音楽に携わっていると色々な体験や気付きがあります。

そんなあなたの楽器や音楽にまつわることを、作品として発表できるチャンスがやってきました!

第2回「楽器・音楽川柳」作品を募集

現在、株式会社ヤマハミュージックジャパンは第2回「楽器・音楽川柳」の作品を募集しています。

昨年の初開催では、300を超える作品の応募があったというこの企画。

楽器や音楽、演奏活動などにまつわる日常での体験談やユニークな描写などを「五・七・五」の川柳にして専用のwebページから応募すると、優秀作品賞にはヤマハソプラノリコーダーに入賞作品・雅号を印字したものが進呈されます!

このリコーダー、材料には植物生まれの原料を一部使用し、バイオマス由来の樹脂からできているので、地球にやさしく、音色も美しいそうです。

さらに、優秀作品賞のなかから最優秀作品賞が選ばれ、最優秀・優秀作品は、Webサイト上で掲載されます。

音楽 川柳

※優秀作品・雅号を印字したバイオマス由来樹脂製ヤマハソプラノリコーダー(イメージ)

 

坂崎幸之助さんが特別審査員として参加

今回特別審査員として、THE ALFEE(ジ・アルフィー)の坂崎幸之助さんも参加します。

大物ミュージシャンに自分の音楽川柳を読んでもらうことができる、またとない機会です!

ちなみに、例えば「本番より リハで輝く 我がバンド」のように、多少の字余りはOK。

入賞できなくても、応募者の中から抽選で30名にヤマハミュージックメンバーズのロゴ入り「LED付スマートタッチ&ボールペン」(非売品)も用意されています。

募集期間は2018年の1月15日(月)まで。

あなたも挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

第2回「楽器・音楽川柳」作品応募

応募期間 ~2018年1月15日(月)17:00
応募方法 ヤマハミュージックメンバーズWebサイトよりお申し込みください。応募は、1名につき3作品まで、応募回数は1回のみ。

https://member1.jp.yamaha.com/campaign/detail/id=3749

※ヤマハミュージックメンバーズの会員以外の方は、ご応募の際に無料の会員登録をしていただく必要があります。

問い合わせ先 株式会社ヤマハミュージックジャパン 事業企画部 ミュージックメンバーズ課
電話番号:03-5488-6685(月~金 10:00~17:45 ※祝祭日を除く)

 

●あわせて読みたい!
甘酸っぱくて愛おしい!軽音楽部あるある「入部〜部活の練習編」
【楽器あるある】吹奏楽の楽器ならではの性格はある!?

 

希望者には全員楽器をプレゼント♪
32種類の楽器&ヴォーカルコース
EYS音楽教室

しも by
1984年生まれのフリーライター。 信州安曇野出身・東京多摩地区在住。 レゲエユニット「KaRaLi(カラリ)」でミュージシャンとしても活動中。