12
MAY,2020
MAY,2020

【クラリネットのオンラインレッスンとは?】メリットや必要な準備から受講時のポイント

投稿者 :中島彩香

会議、仕事、飲み会など、周囲との交流をご自宅にいながらオンラインで簡単に実現する日常が成り立ってきております。

そんな【オンライン上】でのやりとりが当たり前となってきている状況の中で、音楽教室もオンラインレッスンを積極的に取り入れる教室が多数を占めてまいりました。
今回はその中でもLINEを活用したオンラインレッスンについてご紹介していきたいと思います。

オンラインレッスン利用者が実感したメリット

場所を選ばず受講できる

クラリネットはコンパクトなサイズ感ではありますが、楽器ケースは頑丈で意外とかさばる事もあるのが正直ネックな部分でございます。

楽器の他に、お掃除アイテムや楽譜もレッスンに必要となる為、お買い物前後やお仕事帰りにレッスンにご来校される生徒さんにとっては、荷物が増えるのは少々負担に感じてしまう方も多いのではないでしょうか。

また、天候によって楽器ケースを雨で濡らさないよう、神経を使いながらの移動も大変かと存じます。
オンラインレッスンでは、そのような手荷物の負担と天候を心配する事なく、【お好きな場所から】レッスンをご受講いただけるのは、最大のメリットなのではないでしょうか?
通常通りの持ち物とネット環境をご用意いただく事で、すぐにレッスンを始められます。

パーソナルスペースを気にせずリラックスしながら演奏

レッスン室で対面式のレッスンだと、どうしても緊張して身構えてしまうという生徒さんも複数見受けられます。

そんなレッスン室という設備環境で緊張されてしまう方には、オンラインレッスンはとてもオススメのご受講スタイルとなっております。

対面レッスンですと、吹き方や姿勢などをよく確認したいという意向から、つい距離が近くなってしまい、距離感が気になる方にとっては、緊張とストレスを感じる方もいらっしゃるようです。

オンラインでは、カメラ越しでのレッスンとなりますので、フォームを確認したい場合は、ご自身がカメラに近づく事で解決出来ますので、物理的に緊張は緩和される事でしょう。

レッスン内容を記録として残せる

オンラインレッスンでは、毎回どんな事に取り組んでいたか、オンライン上で楽譜にコメントを入力したり、写真をお送りして共有出来る為、データとして残す事が可能となります。
前回のレッスンの進行状況などを確認出来ますので、効率的にレッスンをご受講いただけるかと思います。

LINEでのレッスンとは具体的にどんなもの?

LINEのアプリをインストールされて、実際日常遣いされている方は多いのではないでしょうか?

LINEは、スマートフォン、タブレット、PCのいずれかの端末でご利用いただけます。
昨今では、ご家族・ご友人、仕事関連まで、LINEを活用する状況が増えてまいりました。

また、トーク・電話・タイムラインで近況共有、お支払いなど、一つのアプリで多用な機能が備わっている大変便利なツールですね。
既に現在ご利用されている方は、そのままオンラインレッスンとしても利用いただけます。

設定方法について

LINEをインストールしていただいて、レッスンをご受講する方を友だち追加していただきます。
追加後、LINEのテレビ電話機能からご利用いただければ、オンラインレッスンを開始出来る状態にとなります。
特に複雑な設定などはございませんので、普段LINEをご利用されている方でしたら、講師と日時をご相談し、LINEで追加申請・承認後、ご受講いただけるのです。
PCでLINEをご利用される際は、「WEBカメラが付いているPC」で使用しましょう。

LINEによるオンラインレッスンの利点とは

ここからは、LINEならではのオンラインレッスンで実用的なメリットをいくつかご紹介していきます。

トーク画面でもコミュニケーションが図れる

LINEといえば何といってもトーク機能ですね。
レッスン中に、口頭で伝えた重要なアドバイスなどの忘却を防ぐために、トーク画面を利用して、情報共有やポイントを文字に残せるのはとてもありがたい機能なのではないでしょうか。
普段何の気なしに使用していたトークが、レッスンで重要な役割を果たすかもしれません。

また、トーク画面には、動画もお送りできますので、講師側は模範演奏、生徒さん側からは、現在取り組んでいる楽曲の演奏を講師にお送りして確認する事が出来ます。
レッスンがよりスムーズ且つ効率的に進める事が出来る為、実際に取り入れられている講師も多数いらっしゃいます。

面倒な設定から解放される

先述でもお伝えしましたが、LINEのアプリをインストールしていただくだけで、気軽に利用開始出来ます。

タイムラインにて重要な情報も共有出来る

トーク画面ですと、やりとりが増えるほど、前の情報が埋もれてしまうデメリットも生じます。
そんな時にご活用いただきたいのがタイムライン機能です。
「あのやりとりどこにいったかな」と、過去のトーク画面をさかのぼる作業がなくなり、タイムラインからすぐに得たい情報を確認する事が出来ます。

講師側としても、重要なお知らせをダイレクトで共有できるので、用途に分けてこちらの機能をご活用いただく事をオススメします。

オンラインレッスンで便利なアイテム

絶対ご用意する必要はありませんが、あると便利なグッズをご紹介していきます。

イヤホン

https://www.amazon.co.jp/dp/B076Q4KMQW/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_fwrQEb8Q92ZRE

端末に繋げるイヤホンは一つ持っておくと良いでしょう。
講師のアドバイスを聞き逃すことなくより円滑にレッスンを進められるので、是非ともオススメしたいアイテムです。

ピンマイク

https://www.amazon.co.jp/dp/B086WWRT2H/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_eyrQEbW35XMNS

レッスンを行う上で、雑音が入りそうな環境を懸念される方には、ご自身の声をしっかり拾ってくれるマイクをご用意しておくと安心できるかもしれません。

ヘッドセット

https://www.amazon.co.jp/dp/B07VR16HF9/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_jArQEb87ZWFJT

雑音をカットして、相手の音をしっかり聞き取り、自身の言葉も相手にしっかり届けたいという方にはマイク付きのヘッドセットをオススメ致します。

このアイテムは、複数でのミーティングなどでも、発言者の声をしっかり拾ってくれる為、今誰に注目するべきかしっかり認識してくれるので、とても便利なアイテムとなっております。

LINE以外のオススメのオンラインツールをご紹介!

ここまでLINEを活用したオンラインレッスンの特徴とアイテムをご紹介しましたが、いかがでしょうか。
実は、LINEの他に今注目されているオススメオンラインツールがございます。

それは、Zoomでございます!
早速ではございますが、今回はZoomについても合わせてご紹介していきます。

Zoomとはどんなツール?

Zoomは企業の会議やミーティングなど、複数の場面などで活用されている事の多いオンライン上のコミュニケーションシフトです。

とても実用的で設定も複雑ではない事から、昨今の音楽教室で積極的に取り入れられているツールでもあります。
音楽教室以外にも、英会話レッスンや飲み会でもZoomが活用されています。

しかし、なぜそんなにZoomが注目されているのでしょうか?
引き続き、Zoomが実用的且つ多くの方に取り上げられている理由をお伝えしてまいります。

Zoomならではの特徴

クリアな音質を実感

他のツールとの違いは、なんと言っても音質の良さを実感いただけるかと思います。

Zoomには音声認知機能が内臓されております。この機能は「発言している人物にフォーカス」するので、発言者の発している最中に複数の方が雑音を立ててしまっても、シャットアウトしてくれる役割を果たしてくれます。
今大事な場面での発言の際に、明確に伝える事が出来るので、オンライン上でのやりとりをストレスフリーなものにしてくれる事でしょう。

参加者にとっても誰に注目すべきか集中できるので、円滑に進める事が出来るでしょう。

レッスンでは、この音声認知機能が稀に裏目に出てしまう事があるようです。
それは、管楽器などの大きな音が鳴る楽器の場合鳴りすぎて音割れしてしまう可能性です。
ただ、原因は「自動設定」のままだとその現象が起きてしまうようで、その場合は「詳細設定」からマイクの感度・音量調節が可能ですので、レッスン前にテストしてみましょう。

画面共有設定で楽譜を共有&確認が可能になる

Zoomには【画面共有】という機能があり、現在取り組んでいる楽譜を双方で確認する事が出来ます。
リズムチェックやどこまで進んでいるのか確認するには、楽譜は欠かせないものですので、必ず使用する機能といっても過言ではないでしょう。

よりスムーズにレッスンを進める為には、レッスン開始前に生徒さんに「演奏する部分の楽譜を写真を撮るように」依頼して、画面共有ボタンを押していただくだけで、閲覧する事が可能となります。
さらに、取った写真を表示している間も、カメラは起動されたままなので、生徒さんの演奏フォームを確認しながら写真も拝見出来るのです。

この機能により、対面レッスンと変わりなく、レッスンを受講いただけるのは、双方にとって大変ありがたい機能なのではないでしょうか。

設定が簡単で、すぐに始められる

オンラインレッスンを始める最初のハードルが機器の取り扱いに自信がないという方を多く見受けます。
Zoomでは、機器に詳しくない方でも気軽に始められるツールかと思います。

従来のオンラインソフトは、お互いにソフトをインストールして、アカウントを作成する必要がありました。
パスワードやID設定を行い、それを共有したり、毎回ログインしたりなど、パスワードの管理も発生して、設定の段階で億劫に感じられた経験もあるのではないでしょうか。

Zoomでは、どちらか片方が登録する事で、相手の方はインストールしなくともZoomにご参加いただけます。
両者がダウンロードする必要はない為、招待したURLに入って、最初の使用を確認いただければ、ものの15分くらいでレッスンを開始する事が可能となります。

慣れてくると、音量調節からサウンドチェックまでご自身で済ませてオンラインレッスンをご準備いただく生徒様も増えてまいりました。

オンラインによるクラリネットレッスンの注目ポイント!

続いて、クラリネットレッスンのオンラインならではの利点ポイントをお伝えします。
対面レッスンとはまた違った観点でご受講いただけるかと思います。

アンブシュア(口の形)がチェックしやすい

レッスン前にカメラのアングル確認を行う事で、演奏中もアンブシュアの形を逃す事なくチェック出来るでしょう。
対面レッスンですと、顔を近づける事に遠慮してしまう事もありますが、オンライン上ではそのような心配は払拭され、フォームに集中する事が出来ますね。
吹きやすいフォームを発見する事で、音色や吹奏感も劇的に変化しますので、必ずカメラアングルチェックは行いましょう。

運指とフォームの状態を間近で把握

カメラを前にして演奏する為、その方の姿勢やフォームの癖を見抜く事が、より明確化されるかもしれません。
カメラアングルにもよりますが、通常の対面レッスンでは生徒さんをじっと見続ける事は、相手に緊張感を与えてしまいますが、オンライン上ではそう感じないのがまた不思議なところ。

目の前が端末機器な為、緊張をあまり感じない方が多いようで、リラックスして吹く事ができ、講師側もしっかり運指までチェック出来る事は大きなメリットの一つではないかと存じます。

特殊な機器は不要!すぐに始められる

クラリネットはエレキ楽器では無い為、アンプなどの機材接続の必要性が無い為、対面レッスン時と変わらない持ち物でオンラインレッスンを開始いただけます。
ただ、コミュニケーションを円滑に図るために、イヤホンはご準備いただいた方が、しっかりと会話を聞き取れるかと思います。

プロのレッスンにより、身近で音楽を習得しよう!

それぞれご紹介致しましたが、いかがでしたでしょうか?楽器レッスンも、オンラインで気軽にご受講いただける時代となりました。
楽器を始めたい!と感じた時、すぐにスタート出来るオンラインレッスンをプロの手で体験してみませんか?

ご自宅で過ごす機会の多い今だからこそ、音楽もより身近で感じてもらうきっかけとして、対面レッスンと変わりないクオリティをご提供致しております。

独学ですと、ご自身も無意識のうちに奏法の癖が生じてしまいます。その癖は、時に演奏に負担をかけてしまう原因となり、癖を解消するのに多くの時間を費やしてしまう可能性も十分ございます。
最初こそ、プロによるレッスンでしっかり習得いただき、心より演奏を楽しんでいただけましたらこんなに嬉しい事はございません。

EYS音楽教室ならではの特徴

EYS音楽教室では、レッスンカリキュラムが決まっていない独自のレッスンスタイルを追求しております。
生徒さんの中には、基礎からしっかり吸収したい方、演奏したい楽曲が決まっていて、すぐにでも取り掛かりたい方など、目的は様々です。

そんな目的に応じたレッスンを、講師とコミュニケーションを図りながら構築していく事で、「オーダーメイド感覚」のレッスンを実感いただける事と存じます。
チャレンジしていく中で、必要な技術面や楽曲解析なども含んで上達への道を着実に上がっていく内容を日々追究致しております。

楽器が無くてもすぐにスタート出来るお得なキャンペーンとは?

EYS音楽教室では、楽器を持っていない方でも楽器プレゼントキャンペーンをお選びいただければ、レッスン前にご自身の楽器を受け取る事が可能となっております。
クラリネットはメーカーや種類が多数あり、最初はどれを選んだら良いか分からず、楽器を始める前にハードルが上がってしまう方を多く拝見してきました。

その方にはぜひEYS独自のキャンペーンをご活用いただければ幸いです。

選び抜いたメーカーによる楽器となっておりますので、安心してすぐにレッスンをご受講いただけます。
ご興味ある方は、ぜひともお気軽にご相談くださいませ。

最後に

レッスンのご受講形態もますます多様化してまいりました。
より身近に音楽・楽器を感じてもらい、活気あふれる音楽ライフへのお手伝いができれば幸いです。
今回はオンラインレッスンの中でもLINEとZoomそれぞれのツールをご紹介致しました。

西洋の歴史ある木管楽器とデジタル端末を使用した最先端のレッスンは、時代を飛ばしたようで不思議な組み合わせですが、音楽はどんな時代の変化すらも受け入れてくれる存在かもしれません。
最初の一歩を我々と共に楽しみながら歩んでまいりましょう!

この記事をシェアしよう!
MUSIC LESSON LAB
投稿者
9歳よりトランペットを、12歳よりクラリネットを始める。クラリネットを千葉理、松尾賢一郎、シュテファンノイ・バウアーーの各氏に師事。また室内楽を松尾賢一郎、鈴木一志、磯部周平の各氏に師事。 東邦音楽大学卒業。東邦音楽大学アドバンスコース修了。在学中はオーストリア・ドイツ・ハンガリーにて演奏旅行を行う。 2人のクラリネット奏者によるリサイタル開催を機にデビューを果たす。 日本イタリアオペラ座管弦楽団クラリネット奏者の正団員・ソリストとして活動。 群馬音楽芸術学院ウィンドオーケストラ演奏要員・トレーナーとして出身地での音楽の普及活動の傍ら、榛名湖ミュージック・フェスティバルに代表ソリストとして出演。 東邦音楽大学ウィンドオーケストラスペシャルユニットのメンバーとしてティーダ出版との協力によりコンクール自由曲のCDレコーディングに出演を果たす。 現在は東邦音楽大学実技・演奏要員として公演に携わっている。 オカリナ奏者として2018年よりカンターレ所属、オカリナアンサンブルのメンバーとして活動を始め、ライブ配信を行う。 「越谷まちかど 若い芽のコンサート」に次世代を担う音楽家としてクラリネットソロ出演を果たす。 現在フリーランスクラリネット奏者として、ブラスバンド、オーケストラで演奏活動を行いながら、アンサンブル「幡ヶ谷クラリネットサロン」の代表を務める。