楽器とボーカルの練習に役に立つ&読んで楽しい音楽情報

【ドラマーになりたい】音楽に関する仕事に就くには~プロドラマー・只熊良介さん~

ドラマー プロ

世の中に溢れるさまざまな職業の中で、音楽に関する仕事について取り上げるこのシリーズ企画。

今回は、ステージに立って音を奏でる存在でありながら、演奏を縁の下で支えるプロドラマーに迫ります。

お話をうかがったのは、バンド「chocolatre」や「MORE THE MAN」のメンバーでありながら、Chara傳田真央寺尾紗穂ヒラマミキオ(ex.東京事変)といったアーティストのサポートドラマーとしても活躍する只熊良介(ただくま りょうすけ)さんです。

ドラマー プロ

 

打楽器は子どもの頃から身近だった

−−−まず最初に、ドラムを始めたキッカケを教えてください。

初めてドラムを叩いたのは、高校1年生の時です。当時の音楽の先生がなかなか自由な発想の人で、期末試験で「なんでもいいから一芸披露。」という課題を与えられました。私はその頃バンドに興味があったので、ドラムを叩くことにしました。

−−−ギターやベースなどもある中で、なぜドラムを?

父親が地元の日本舞踊の会に入って和太鼓もやっていたので、子どもの頃から打楽器が身近な存在だったんですよね。たまに人が足りないと言われて、手伝いで叩くこともありました。だから、バンドがやりたいと思った時にドラムを選んだのはとても自然な選択でした。

−−−初めてドラムを叩いた時はどんな感じでしたか?

和太鼓を経験していたおかげで最初から違和感がなく、8ビートはすんなり叩けましたね。それですっかり調子に乗ってドラムが楽しくなり、高校の卒業アルバムにも「プロドラマーになる!」って書いてました(笑)。

只熊 ドラマー

 

デビュー前に名刺を作成⁉︎

−−−本格的にドラムを始めたのはいつからですか?

高校を卒業後、大学でバンドサークルに入ってからですね。

−−−やっぱり最初はメジャーなバンドのコピーとか?

そうですね、邦楽ならサザンやジュディマリ、洋楽ならレディオヘッドのように誰もが知っているアーティストのコピーももちろんやりましたが、ちょっと変わった雰囲気のサークルで、みんなが知らないマニアックなバンドも発掘して、それをカッコよくコピーするということに全てをかけていました(笑)。僕は人から呼ばれるがままに、いろいろなバンドでありとあらゆるジャンルのドラムを叩きました。そのおかげで自分の音楽の幅が広がり、ドラマーとしての基礎もできたと思います。

ドラマー 経歴

−−−大学卒業後は?

アルバイトをしながら音楽活動を続けました。しばらくは大学でやっていたバンドをそのまま継続しましたが、卒業後1年くらいでバンドを辞めると、他に音楽の知り合いもいなかったので、まったくの1人になってしまいました。その時は「このままだとただのアルバイターになってしまう!」と焦りましたね。

−−−そういったタイミングで夢を諦めてしまう人もきっと少なくないですよね。只熊さんの場合はどうしましたか?

とりあえず…名刺を作りました。

−−−…名刺?…誰の、なんの名刺ですか?

“プロドラマー只熊良介”の名刺です(笑)。いや、だって結局は“言ったモン勝ち”じゃないですか。何か資格を取ったらプロになれるわけでもないので、とにかく現場に出て名前を売ろうと思い、色々なセッションに参加して名刺を配りまくりました。

−−−それはスゴい。思いきった発想ですね。

この頃は24歳くらいでまだ若かったので、根拠のない自信があったんですよね。売り込みの結果声がかかれば、どんな内容でも受けました。もはやドラムでなくても、路上でカホンを叩くこともありました。

−−−名刺を作って売り込むことで、早速ドラマーとしての仕事が舞い込み始めたわけですか?

いえ、この頃のサポートではほとんどギャラは出ませんでした。それでもとにかく顔を売ることが必要だと思っていて。お金に直接結びつかなくても、どうにか未来に繋がるように“種蒔き”をしていたという感じです。

ドラムセット

 

しも by
1984年生まれのフリーライター。 信州安曇野出身・東京多摩地区在住。 レゲエユニット「KaRaLi(カラリ)」でミュージシャンとしても活動中。