楽器とボーカルの練習に役に立つ&読んで楽しい音楽情報

今年も浅草サンバカーニバルの季節がやってきた!サンバのリズムと歴史

浅草サンバカーニバル

「サンバ」と聞けば派手な衣装を着て、陽気で軽快なステップで踊っている美女のイメージが湧くのではないでしょうか。サンバカーニバルは国内各地でも開催されているので、私たち日本人にとっても馴染みのあるダンスです。

しかし、そのサンバの歴史的背景を知っていますか? おそらく知らない方も多いのではないでしょうか。本稿では、意外と知られていないサンバの歴史と音楽についてご紹介します。

サンバは、黒人音楽とヨーロッパ民族舞踊が融合してつくられた

サンバ 浅草

19世紀末、ブラジル北東部の港湾都市のサルバドール(当時の都市名はバイーア)がサンバ発祥の地と言われています。バイーアは元々ブラジルの首都であり、多くのアフリカ人が奴隷として連れてこられ、住んでいた地でもあります。

しかし、1888年に奴隷制度が廃止され、奴隷から解放された多くの人々はバイーアからリオ・デ・ジャネイロに仕事を求めて移り住みました。リオに彼らが持ち込んだ打楽器のみの演奏のバトゥガーダとブラジルのジャズと称されるショーロやルンドゥーなどの別の音楽が混ざりサンバが出来上がっていきました。

さらに、そのサンバとヨーロッパ移民が持ち込んできたポルカ(チェコの民俗舞踊)やマズルカ(ポーランドの民族舞踊)といったヨーロッパ民族舞踊とが融合し、ダンス音楽としてのサンバが完成しました。

ブラジルの文化としてのサンバ

サンバ リズム

ダンスとしてのサンバは4分の2拍子の軽快で陽気なダンスです。基本的には即興による踊りであり、音楽を演奏している周りで輪を作って踊ります。サンバはブラジルの大衆文化として広まりました。

しかし、現在のリオのカーニバルのような大規模なカーニバルが開催されるまで、数々の障壁があったようです。1920年代、サンバは政府から治安を乱す存在として認識され規制されていました。

その規制が届かないファベーラ(リオのスラムの名称)でしかサンバは踊られていない状態だったそうです。しかし、それでもサンバは大衆の文化として生き残り、1935年の当時の大統領がサンバに対する規制を解いて、公式にサンバカーニバルが開催されるようになりました。

1940年代にはサンバはブラジルの文化として育成支援を受ける対象になり、現在のような本格的なカーニバル形式でのサンバが始まったのです。

▼本場ブラジルのサンバカーニバルの様子をご覧下さい。

 

さすがに本場ブラジルのサンバカーニバルといったところです。かなり大規模な演出が目立ちます。動画を通してみても現地の熱気が伝わってきます。

 

サンバに使用する楽器は?(次ページへ)

森本進也 by
編集者・ライター。IT企業のオウンドメディア記事、コラム記事、セールスレター・、コーポレートサイトのテキスト執筆、英日翻訳で生計を立てています。趣味はサルサダンス、ギター演奏で楽しい時間を過ごすこと。