楽器とボーカルの練習に役に立つ&読んで楽しい音楽情報

15,000人をライブで魅了した和楽器バンドが新アルバムをリリース

和楽器バンド 鈴華ゆう子

日本で古くから演奏される「和楽器」。

しかしその音に触れる機会は、日本人でも意外と少ないですよね。

そんな和楽器の魅力を独自のスタイルで発信する「和楽器バンド」をご存じでしょうか?

和楽器バンドとは?

和楽器バンドは、2013年に詩吟の師範でもあるボーカルの鈴華ゆう子が前身となる和風ユニット「華風月」をスタート。その後メンバーの脱退や加入を経て、2014年に人気ボーカロイド楽曲をカバーしたアルバム「ボカロ三昧」でメジャーデビューを果たしました。

メンバーは、ボーカル/鈴華ゆう子、尺八/神永大輔、箏(琴)/いぶくろ聖志、津軽三味線/蜷川べに、和太鼓/黒流、ギター/町屋、ベース/亜沙、ドラム/山葵という8人編成です。

2014年にリリースされた「千本桜」の動画は、公開後約2ヶ月で200万再生を記録したそうです!

 

「和楽器」というイメージを覆すルックス

「和楽器バンド」というストレートなネーミングに、どんなビジュアルを思い描きますか?

恥ずかしながら、私は“ふんどし姿で和太鼓を連打!”という男臭いイメージを思い浮かべてしまいましたが…

和楽器バンド 千本桜

 

8人全員美男美女です!服も着ています!(笑)

ちなみに、ベースの亜沙さんは女性ではなく男性です。美しすぎるでしょ!

しかも全員若い雰囲気。

尺八の神永大輔さんは、メンバーの中で唯一坊主頭という、ある意味“和楽器奏者らしい”硬派な雰囲気ですが、年齢は31歳とやはり若いです。

ロックと和楽器の融合

ハードコアやへヴィメタルを取り入れたロックサウンドに、日本的な詞とメロディ。そして、和楽器の音色

千本桜」の曲の中盤では津軽三味線、箏(琴)、尺八、ギターのソロつなぎ!カッコいいですね。

一方では、こんなバラードも。

 

まるでストリングのようにバックで歌を引き立てる尺八と、艶やかな箏(琴)の音色。

バッキングに彩りを添える津軽三味線と、大地を揺るがすような和太鼓の打音。

ポップでドラマティックな楽曲と、和楽器の音色から伝わる日本の美意識が見事に融合した、美しいアレンジですね。

しも by
1984年生まれのフリーライター。 信州安曇野出身・東京多摩地区在住。 レゲエユニット「KaRaLi(カラリ)」でミュージシャンとしても活動中。