楽器とボーカルの練習に役に立つ&読んで楽しい音楽情報

脳科学的にも良い効果が!?子どもの習い事としてピアノがおすすめのワケ

子ども ピアノ教室

子どもの習い事として常に人気の上位に位置するピアノ。

「自分ができなかったから子どもに習わせたい」、「なんとなく良さそう」と、子どもに習わせている人も多いと思いますが、やはりピアノを習うことはいいことがいっぱいあるようです。さて、その理由は? ピアノ講師の溝井花代子さんに話をお聞きしました。

【EYS-Kids】入会金半額・楽器プレゼント・月会費500円OFF – 選べる3つのキャンペーン実施中!

就学前は耳の機能の成長が著しい

人間の耳の機能の成長は6歳ぐらいまでが黄金期だと言われており、遅くとも8歳ぐらいまでに機能が完成、それ以降には大きな変化はみられないようです。

もちろん、ピアノに限らず音楽のレッスンは「やりたいと思ったときが始め時」、どの年齢で初めても遅いことはありません。その時々の良さがあります。

ですが、耳の機能でいうと6歳ぐらいまでが一番、打てば響く時期。大人になってからたくさん音楽に触れても、黄金期と同様の効果は得られないのだとか。

音楽レッスンは早く始めるのがいいとささやかれるのには、こんなワケもあるようです。

脳科学の観点でも認められた、音楽の効果

脳科学 ピアノ

子どもはみんな音楽が好き。音を奏でることで子どもが楽しんでいるのであれば、それだけでも習わせる意味がありそうですが、脳にもいいと聞いたらがぜん弾かせてみたくなるのが親心!?

そう、脳科学の観点でもピアノを含む音楽領域のレッスンを受けるメリットは立証されているのです。

カナダの脳神経外科医ワイルダー・ペンフィールドの研究によると、脳は各部位が分業しており、動作ごとに対応する脳の部分が異なります。常に脳全体が使われているわけではないのです。

勉強するという行動は脳をたくさん使う印象がありますが、計算問題を解く、文章を読むといった作業の時は、脳の一部分しか使用していません。しかし歌うという動作を行うときは、「感覚」をつかさどる部分と「運動」をつかさどる部分の両方を使い、脳を全体的に刺激していることが分かっています。

参考までに…脳の対応部位はコチラから見ることもできます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Homunculus-ja.png

上記は「歌う」という行動に関するデータでの話ですが、歌うこととピアノを弾くことは密接な関係にあり、同等の効果があると考えてよいと思います。

しかもピアノは楽譜を見ながら(目)、手を動かし(手)、音を確認する(耳)と、感覚をめいいっぱいに使います。ということは、脳がフル稼働していることは想像がつきますね。

【EYS-Kids】入会金半額・楽器プレゼント・月会費500円OFF – 選べる3つのキャンペーン実施中!

右左、両手を使うことのメリット

ピアノ 両手

脳は右脳と左脳に分かれ、右手と左脳、左手と右脳というように左右反対につながっています。よく知られるように右脳は視覚や聴覚といった感性、感覚を、左脳は言葉、文字、論理的な思考をつかさどっています。そのため、右利きの人の場合は左脳の方が優位、左利きであれば右脳の方が優位に働いています。

と、脳の仕組みが簡単に分かったところで、ピアノと脳の関係も気になるところ…

ピアノを弾くときは指をふんだんに、かつ複雑に動かします。しかも両手を使うというところも大きな意味があります。日常生活では、利き手を使うことが多く、反対の手を使う頻度の方が低くなります。しかし、ピアノは両方の手を同時に動かします。

つまり、ピアノを弾くことで両方の脳を刺激することができるのです。この点においては、楽器のなかでもピアノは優位にあるといえると思います。

ちょっと話はズレますが、ピアノを弾くことは認知症予防にも効果があるとも言われています。やっぱり脳とピアノ(というか音楽を奏でること)は相思相愛のようです。

まだまだある!ピアノのうれしい効果(次ページへ)

Natsu by
カルチャー記事を中心に幅広いジャンルで活動中。面白くてためになる記事を心がけています。