楽器とボーカルの練習に役に立つ&読んで楽しい音楽情報

観ないとソン?大人も楽しい!かなり攻めてるEテレの音楽番組

Eテレ 音楽 番組

Eテレ(NHK教育テレビ)といえば、子どものための番組を放送している、そんなイメージがありませんか? 確かにそうなんです。が! ここ数年のEテレは、子ども向け番組でありながらも、有名どころのアーティストをバンバン起用して、豪華なものが多いんです。民放より攻めていて面白い番組も! 今回は、Eテレで放送されている、良質な音楽が楽しめる5つの番組をご紹介します。

みんなEテレを見て育った?

音楽番組

子どもの頃に見ていたテレビ番組、覚えていますか? 皆それぞれの思い出があると思います。1985年生まれの筆者は、『にこにこぷん』のじゃじゃまる・ぴっころ・ぽろりが大好きでした。歌のお兄さんといえばおさむお兄さん。『みんなのうた』なら、『メトロポリタン美術館』が記憶に残っています(映像がすごく怖かった)。

最近では、『おかあさんといっしょ』に出演していた歌のお兄さんが番組を卒業するということで、「だいすけお兄さんロス」になってしまったママが話題になりましたよね。そういった意味でも、最近のEテレは大人も子どもも楽しめる番組が増えているんです。

さて、厳選した5つの番組はコチラ!

ムジカ・ピッコリーノ

 

ムジカ・ピッコリーノ』は、音楽の基本的な仕組みを映像化し、子どもたちが感覚で理解できるように物語に織り込んだ、子ども向け音楽エデュテイメント番組。現在はシーズン5が放送されています。衣装をはじめ、映像にも独特なファンタジーの世界観があり、大人でもつい見入ってしまいます。

物語の舞台は、架空世界“ムジカムンド”。そこでは、人々から忘れ去られたムジカ(音楽や楽器)が、“モンストロ(怪獣)”の姿でさまよっています。そんなモンストロを救出し、音楽の記憶を蘇らせるのは、“ムジカドクター”と呼ばれる音楽のお医者さん。そのムジカドクターを目指す若者たちの物語です。

音楽監督を務めるのはゴンドウトモヒコ氏。Yellow Magic Orchastraの日本でのライブやヨーロッパ・アメリカツアーにサポートメンバーとして参加し、LOVE PSYCHEDELICO、CHARA、UA、くるり、Def Techなど多数のミュージシャンのレコーディングやライブに参加しています。

シーズン1,2では、モンストロを治療するお医者さんとして、浜野 謙太さんが出演されていました。浜野さんは、星野源さんがリーダーを務めるSAKEROCKのトロンボーン・スキャット担当で、この番組でもトロンボーン・ボーカルを担当されていました。

シーズン1から現在まで出演されている、アリーナ・モンテヴェルディ役の斎藤アリーナさんの歌声がとってもキレイで、歌手かと思えば本業はモデルさん。10代とは思えない歌唱力で、どれも聴き応えがあります。毎回プロの音楽家がゲスト出演するので見逃せません!

放送予定

【毎週金曜】17:35~17:45【毎週土曜】8:25~8:35(再放送)

にほんごであそぼ

にほんごであそぼ

にほんごであそぼ』は、日本語の豊かな表現に慣れ親しみ、楽しく遊びながら日本語感覚を身につけてもらうための番組。

狂言や歌舞伎、人形浄瑠璃文楽など日本の伝統芸能の手法を取り入れつつ、子ども番組ならではの演出も最大限に生かされています。毎回、文学作品や古典、漢詩・漢文の有名な文を取り上げられているので、大人でも勉強になります!

https://twitter.com/wannyan_animal/status/869188728538882048

狂言師の野村 萬斎さんは番組開始当初から出演されています。狂言の「型」を通して、言葉と身体表現を組み合わせ、さまざまな名文やことわざなどを表現します。

歌舞伎界からは中村 勘九郎さんも出演しています。今年は歌舞伎の演目の名場面に加え、「花咲かじいさん」などの昔話を舞台に、名セリフや立ち廻り・舞踏などを散りばめて、より楽しく・親しみやすく歌舞伎の魅力を伝えてくれます。かわいらしいお子さんとの共演にも注目!

そのほかには、美輪 明宏さん、尺八演奏家の藤原 道山さん、プロジェクション・マッピングと派手なアクションを組み合わせるパフォーマンス集団・白Aなど、毎回充実した内容になっています。

放送予定

【毎週月~金曜】6:35~6:45、17:00~17:10(再放送)

びじゅチューン!

世界の美術を歌とアニメで紹介する『びじゅチューン!』。モナリザやムンクの叫び、オフィーリアなどの絵画をはじめ、サグラダ・ファミリアや姫路城などの建築物にいたるまで、美術作品全般をテーマにしたオリジナルの曲がユニークなアニメーションとともにヘビロテされます。

“紹介する”と言ってもちょっと特殊で、ポップなアニメで歌詞もクセあり。それなのになぜか中毒性があるんです。たとえば、世界遺産の「姫路城」。こちらは擬人化されて、恋する女子になってます(笑)

びじゅちゅーん

他には恋人のハムレットに自身の父親を殺されたショックで発狂した末に溺死した様子をミレーが描いた「オフィーリア」。こちらは『オフィーリア、まだまだ』という曲で登場。

川に沈みゆく中で背泳ぎが得意なことを思い出して急に泳ぎ出したり、編みかけの花輪をドジョウにプレゼントしたりと、「コラコラ」と思いながらもシュールで笑ってしまいます。

 

作詞・作曲・アニメ・歌の全てを手がけるのは映像作家の井上 涼さん。DVD BOOKの紹介動画では、どうやって作品を作り上げているのかを語っていますが……創造力がスゴイです。

子どもよりも、むしろ大人のために作られているのでは?と思ってしまいます。放送時間からして、子ども向けではないような気がします(笑)。中毒性のある歌の数々にやみつきになりますよ♪

放送予定

【毎週火曜】19:50~19:55【毎週水曜】22:45~22:50(再放送)

 

まだまだある!おさえておきたいEテレ番組(次ページへ)

吹原紗矢佳 by
関西出身で愛知県在住のフリーライター。3歳の頃から13年間続けたピアノはすっかり忘却のかなたで、今や弾けるのは猫踏んじゃったのみ。高校時代は吹奏楽部でトロンボーンを担当。
関連記事
No articles