楽器とボーカルの練習に役に立つ&読んで楽しい音楽情報

【音色も変わる!】バイオリンの正しい構え方やコツを現役講師が解説

バイオリンを正しく構える事はとても重要!

バイオリンを正しく構える事で、演奏がとてもしやすくなります。ビブラートやポジション移動がストレスなく出来るようになり、弓の軌道も安定して、力強く美しい音を出す事が出来ます。音色さえ変わってくる事でしょう。つまり、バイオリンを正しく構えるだけで、演奏のクオリティーがグンと上がるのです。バイオリンを正しく構えるという事は、とても重要です。しっかりマスターしておきたいですね!

バイオリンの構えとは?

バイオリンは楽器を肩とアゴに挟んで、弓で弦をこする楽器です。他の楽器と違い、構え方が独特です。「バイオリンの構え」というと、バイオリン本体のみの様に思いますが、弓の構え、足の開き方や姿勢、全てのバランスを正しく整える事が大切です。この全てのバランスが正しく取れている事が、正しいバイオリンの構えになります。安定したバイオリンの構えは、バイオリンの演奏の中で最も重要と言っても過言ではありません。

バイオリンを正しく構える理由

バイオリニストが体全体で演奏する姿は、誰もが見たことのある光景でしょう。体を揺らしたり、楽器を上げたり下げたり。。。しかしよく見てみると、楽器は常に正しく構えられていて、決してブレません。弾き姿を美しく見せる事はもちろんですが、存分に演奏パフォーマンスを発揮するには、正しく楽器を構える事が必須だからです。バイオリンの演奏には、バイオリンを正しく構えられている事が基本中の基本です

バイオリンを正しく構えられないと?

バイオリンを正しく構えられないと、結果、全てのバイオリンのパフォーマンスに悪影響を及ぼします。バイオリンが下がってしまうとダイナミックな音が出なくなってしまいますし、バイオリンの構えが安定せずグラグラしていては、ビブラートも上手くかけられなくなってしまいます。姿勢が縮こまってしまっては、弓も十分に弾く事が出来なくなってしまいます。

バイオリンを正しく構える方法

クラシック 種類

実際にバイオリンを構えてみましょう。バイオリンは身体全体を使って演奏します。ポイント、ポイントで正しく構える必要があります。そしてそれぞれの構えが、他の構えに影響してきます。足元から細かくチェックして行く事が重要です。足が正しく開けているか、背筋はしっかり伸びているか。手首や肘が不自然に曲がっていないか、楽器が下がっていないか、、、ひとつずつゆっくり確認して下さい。リラックスして構える事がポイントです。

バイオリンの構え方

  1. 足元をチェックしてみましょう。肩幅ほど開きます。座って演奏する時も同じです。左足を少し前に出すと良いでしょう。しっかり自分の体重を支え、腰から下はグラグラしないよう、常に安定させておきます。
  2. 背筋を伸ばしてバイオリンを構えます。ネックが下がらない様に気をるけましょう。ネックの向きは開いた左足の足先のほうに向けます。頭の重みをしっかりバイオリンにかけ、バイオリンを肩と頭でしっかり固定します。脇を締めず、手首も曲げない様にしましょう。よく、手首を曲げて手のひらでバイオリンを支えてしまいがちですが、これでは指を十分に動かす事が出来なくなってしまいます。少し体を揺らしてみて、リラックスした状態でも安定して構えられるようにしましょう。

弓を持つ右手の構え方

弓の持ち方もチェックしましょう。小指が伸びていませんか?小指はリラックスして曲げておきましょう。手首が曲がることのないよう平らに保ちます。ひじは下がらないようにしましょう。肩には力を入れず、手首から肘、肩まで平らなイメージを持つと良いと思います。弓を正しく構えられたら、少し揺さぶってみて力が入りすぎていないか確認しましょう。リラックスして構えられていたらOKです!

姿勢もチェック!

背筋をしっかり伸ばしましょう。演奏しているうちに、猫背になってバイオリンが下がってくる事が多いです。鏡で自分の姿勢をチェックしてみるのも良いでしょう。バイオリンが下がってしまうと、弓の正しい位置が保てなくなってしまいますし、ポジション移動もスムーズに出来なくなります。胸を張るようにして、バイオリンのネックが上向きになるようにしましょう。姿勢を正しく保つ事は、他の動作にも影響してきますので、しっかりチェックする事が重要です。

スズキメソード1巻より
スズキメソード1巻よりhttp://shop.zen-on.co.jp/p/321111

やっぱり基礎が大事!プロにチェックしてもらおう

バイオリンが正しく構えられているか、自分でチェックするのはなかなか難しいものです。やっぱりプロにチェックしてもらいましょう!バイオリンを正しく構える事は、基本中の基本です。ここがしっかりマスターできなければ、後々の演奏にも大きく影響しますから、しっかり正しくマスターしたいですね。プロに習うメリットをご紹介いたします!

重要だからこそプロのアドバイスが効く

バイオリンの構え方は、プロに習うのをおすすめします。プロに習ってしまえば、悩む事なく、初めから正しいバイオリンの構え方を身につける事が出来ます。プロは日々の演奏活動から、バイオリンを正しく構える事がどれだけ重要かを知っています。プロに習う事で、自分はどこが出来て、どこが出来ていないのか、すぐに見極めて正しいアドバイスをもらう事ができるのです!

自分にとって正しい構え方は人それぞれ

実際、文章や写真で見ても、細かいところまでは掴みきれないもの。同じようにやっているつもりでも、微妙な角度まではわかりません。体型も人それぞれです。小指が短い人もいれば、腕が長い人もいます。バイオリンの構え方は、そうした細かいところで全員に共通している事ではありません。やはり細かいポイントは、直接プロにチェックしてもらいましょう。特に力を入れているつもりはなくても、余計なところに力が入っている事がありますが、それは自分では気付くことが出来ません。また、演奏中に構え方が崩れてしまっても、自分で気付くことは難しいでしょう。プロならすぐに指摘してくれます。

練習につまずいた時もプロなら的確にアドバイス

正しくバイオリンを構えるために、練習してもどうしても上手く行かないポイントも出てきます。そんな時、プロはそこに必要な練習方法や、エチュードをたくさん知っています。一人ひとりに必要な練習は変わってきます。また、自分では気付かないような事が演奏に支障を与えている場合も多いです。プロに習えばピンポイントで自分に必要な練習方法をアドバイスしてくれる事でしょう。ちょっとしたコツや裏技、さらに次にグレードアップするために必要なことも教えてくれます!プロに習い、正しいバイオリンの構えをマスターする事は、全ての演奏のクオリティーを上げる事にもつながるのです。

EYS音楽教室がおすすめの理由

「EYS音楽教室」では、個性的で経験豊富な講師陣が、お一人お一人に寄り添い、楽しく、丁寧に、わかりやすくレッスン致します。
「やりたいこと」も、「弾きたい曲」も、「やりたいペース」もみんな、それぞれです。EYSには決まったメソッドもカリキュラムもありません!バイオリンを練習して行く上で、もちろん悩みも様々。バイオリンの構え方も1から丁寧に、ちょっとしたコツも伝授致します!お一人お一人としっかりレッスンをすることで、壁にぶつかることの無いよう、世界に1つだけの、「あなただけのレッスン」を致します。
楽器をお持ちでない方には、「楽器プレゼント」のコースもご用意。長年安心してお使い頂けるクオリティーのバイオリンをご用意しておりますので、レッスンを安心して始められるよう、サポートも万全です。「無料体験レッスン」を行っておりますので、この機会にぜひお申し込みください。お待ちしております!

最後に

いかがでしたでしょうか。もうポイントはつかめましたね!バイオリンを正しく構える事が出来ると、演奏がしやすくなり、音色や音程にも影響を与えます。ゆっくり、ひとつずつ正しく構えられているか確認してみて下さい。正しいバイオリンの構え方をマスターして、演奏パフォーマンスを存分に発揮しましょう!