楽器とボーカルの練習に役に立つ&読んで楽しい音楽情報

地味さがカッコいい…激シブのいぶし銀ベーシスト(国内)

ベーシスト 日本人

「エレキベースは地味な楽器」という退屈なイメージを払拭すべく、ボーカリストよりも目立つほどド派手なベーシストを紹介した以前の記事「エレキベースが主役!?ボーカル並みの存在感を放つド派手なベーシスト(国内編)」。

予想を超える反響があり、編集者さんもご満悦でニンマリな筆者ですが、その反面「派手なベーシストだけがカッコいい」と思ってほしいわけではないんですよ。

おっさんの複雑な乙女心とでもいいましょうか(汗)。

ド派手なベーシストをキッカケにベースの格好良さを知ってもらえたら、スタンダードなベースの魅力もわかってもらえるはず。

ということで、今回は縁の下でバンドを支えながら存在感を放つ、激シブのいぶし銀ベーシスト5人を紹介します!

まずは日本のベーシストから。

亀田誠治

最初に紹介するのは、亀田 誠治(かめだ せいじ)さん。

音楽プデューサーとして、平井堅やスピッツ、GLAY、いきものがかりなど、多くのミュージシャンを手がける、日本の音楽シーンにとって欠かせない存在です。

以前は東京事変のメンバーとしても活躍していました。

 

シンプルなフレーズを弾いても、リズムを底から“ブンブン”と押し上げるようなドライブ感があり、サウンドに生き生きとした表情を与えます。

ベースの音はタイトな低音とソリッドでキレのある高音が魅力的で、その存在感は布袋寅泰さんと共演しても衰えません。

しかも、派手なプレイはせず、主役のギターを引き立てる…シビれます!!!

 

高桑圭

続いて紹介するのは、高桑 圭(たかくわ きよし)さん。

Curly Giraffe(カーリージラフ)というソロプロジェクトではベース・ボーカルを担当しながら、LOVE PSYCHEDELICOやcoccoのサポートや、佐野元春&THE COYOTE GRAND ROCKSTRAのメンバーとしても活躍しています。

 

ロックを基本にしたプレイスタイルで、長身&長髪というルックスもカッコよすぎる…。

気だるくてスモーキーな大人なロックを下支えする頼れる存在ですが、リズムの捉え方はとても細かく、バンドのグルーヴを引き締めます。

Curly Giraffeでは、全身白のスーツで赤いベースを弾きながら歌うこのライブ映像…男が憧れる男です!

 

中條卓

続いて紹介するのは、ファンクロックバンドTHEATRE BROOK(シアター・ブルック)のベーシスト、中條 卓(なかじょう たかし)さん。

 

分厚い音と安定感抜群の途切れないグルーヴの心地良さは、まさにベースという楽器の醍醐味が感じられます。

筆者が特に好きなのは、北海道・樺太アイヌに伝わる弦楽器、トンコリを主としたバンドOKI Dub Ainu Bandでのベースプレイ。

トンコリの美しい演奏を支えながらも、聞き方によってはベースが主役とも思えるほど、強烈なグルーヴを生み出しています。


まだまだいます!激シブベーシスト(次ページへ)

しも by
1984年生まれのフリーライター。 信州安曇野出身・東京多摩地区在住。 レゲエユニット「KaRaLi(カラリ)」でミュージシャンとしても活動中。