楽器とボーカルの練習に役に立つ&読んで楽しい音楽情報

【初心者必読】ベースを始める前に読んでおきたい、意外と知らない基礎知識【前編】

エレキベース 種類

会場を揺らすほどの低音を鳴らし、ドラムと共にグルーブを作り出すバンド内の隠れた主役、「ベーシスト」。決して目立つポジションではないものの、淡々とフレーズを演奏する姿に憧れ、ベースを始める人も多いそうです。

今回は、そんなベースという楽器が誕生した背景をはじめ、初心者が覚えておくべき「ベースの基礎知識」を前編と後編に分けてご紹介します!

私達が知っている“ベース”が誕生した背景

ベース コントラバス

一般的に「ベース」と認知されている楽器のほとんどが“エレキベース”です。1950年代初頭、エレキギターでお馴染みの「Fender」社の創設者、「レオ・フェンダー」氏によって私達が見慣れているエレキベースが作り出されました。

逆に、エレキベースが誕生する以前までは、「ウッドベース(コントラバス)」しか存在しませんでした。当時はエレキギターのようにアンプを通して大音量を鳴らすことができなかったため、生音でも十分な音量が得られるウッドベースが主流となっていたのです。

とはいえ、ウッドベースは全長2mを超える物もあり、重量があって取り回しも悪く、それが一種の“弱点”にもなっていました。その弱点を克服するために開発されたのが上述のエレキベースであり、コンパクトなボディでも、アンプを通すことで大音量を得ることが可能となった訳です。

もちろん現代でもウッドベースを用いる場面は多く、オーケストラやジャズの演奏には欠かせません。一方、ポップスやロックなどのバンド内でウッドベースを用いることは少なく、特殊な楽曲でもない限り、エレキベースを使うことがほとんど。そのほか、「アコースティックベース(後述)」というアコギ型のタイプもあるので、頭の片隅に置いておきましょう。

バンド内におけるベースの役割

ベースギター

ベースはバンドアンサンブルにおける“土台”、いわば“芯”のような立ち位置となっています。ドラムと並ぶ重要パートであり、ベーシストの技術一つで、そのバンドの「上手いor下手」といった評価が決められてしまうほどです。

そもそも音楽というのは、ドラムとベースが奏でる“リズム”という土台に、ギターやシンセサイザーなどの“コード(和音)”が乗ることで成立します。その上にボーカリストの声(メロディ)が乗るわけですが、誤解を恐れずにいうと、土台さえしっかりしていれば、多少コードやメロディを外してもそこまで大きな問題にはなりません。

逆に、リズム隊が不安定だと、リスナーも首をかしげるような、“ヨレヨレの演奏”になってしまいます。ドラムと一緒に曲の進むべき方向をギターやボーカルに指示するのがベースの役目であり、“バンドの道しるべ”のような存在だと言っても良いでしょう。

ギターよりも弦が少なく(ベースは4本が基本)、直感的に演奏できることからバンド初心者にオススメされることが多いですが、実際はとても重要で、比較的高度な演奏技術が求められる楽器だということを覚えておいてください。

ベースの音色に変化を与える3つの奏法

ベース 技法

ギターといえば「ピック奏法」が定番ですが、ベースに用いられる奏法は主に3種類、「ピック奏法」、「ツーフィンガー奏法」、「スラップ奏法」です。同じベースでも奏法一つで異なる音色を鳴らすことができるので、音楽ジャンルや楽曲に合わせて使い分けるのが一般的です。さっそく、それぞれの奏法について、動画を踏まえながら見ていきましょう。

・ピック奏法

 

最もスタンダードな奏法であり、初めてベースに触れる初心者にオススメなのがピック奏法です。硬質なピックが弦に当たることで、“ゴリッ”としたアタック感が強調されるサウンドを鳴らすことができます。

一見するとシンプルで簡単そうに見えますが、ピックが弦に当たる角度を統一させるなど(音の粒を揃えるため)、実際は細かい技術が必要。スタンダードが故に、完璧にマスターするのが難しい奏法だと言えます。

・ツーフィンガー奏法

 

こちらもピックと並ぶスタンダードな奏法です。いわゆる「指弾き」であり、ベース本体のピックアップや弦に親指を乗せ、それを支点として人差し指と中指の2本で弦を鳴らします。人によっては、この2本に薬指を加えた「スリーフィンガー」でスピーディーな演奏をすることも。

ツーフィンガー奏法の特徴としては、人の指を当てて弦を鳴らすため、角がきつくない丸みのあるサウンドを鳴らせることが挙げられます。ジャズからロックまで、幅広い音楽ジャンルで活きるオールマイティな奏法です。

・スラップ奏法

 

この奏法に憧れてベースを始める人も多いのではないでしょうか。少し前までは「チョッパー」と呼ばれていた奏法で、今は「スラップ奏法」、「スラッピング」と呼ぶのが一般的になりました。

動画を見ても「何をしているのかわからない!」という方が多いかもしれませんが、基本的にやっていることは「弦を叩いて引っ張る」ことの繰り返しです。叩いて音を鳴らすことを「サムピング」、引っ張って鳴らすことを「プラッキング(プル)」と呼び、軽快なリズムを刻みながら“ベースを歌わせられる”のが上手いスラップベーシストだと言われています。

前編のまとめ

今回はベースのちょっとした歴史をはじめ、バンド内での役割から奏法まで、基礎的な部分をご紹介しました。中でも“役割”に関してはとても重要なので、これからベースをはじめ、バンドを組む予定という方は、頭の片隅に置いておくべきでしょう。後編では、代表的なベースの種類と特徴について解説していきますので、どうぞお楽しみに!

 

後編はコチラ!

 

プロに習うと上達が速い!
EYS音楽教室 ベースコース

高橋一磨 by
ラーメンと牛丼ばかり食べてるライターと一眼エンジョイ勢。Twitter→@a_posh_man