楽器とボーカルの練習に役に立つ&読んで楽しい音楽情報

ジャズ初心者の基礎レッスン。エレキベースを弾くための知識・練習方法Vol.2

ジャズとは

Vol.1のベースでジャズを弾く前に知っておくべき基礎知識に続き、ジャズのエレキベースを弾けるようになるためのポイントや練習方法をプロベーシスト、河野岳美(こうの たけみ)さんに聞きながらまとめてみました。

今回はジャズのジャンルで使う「コード」について解説しましょう。

 

まずは譜面を見てコードをチェック

河野さん「ジャズのベースを弾くためには、まずは曲のコードを理解する必要があります。「ジャズ=即興演奏」というイメージから、ぶっつけ本番で自由自在に演奏する高度なテクニックが必要だと思い込んでいる人もいると思いますが、決してそうではありません。役者さんが台本を読んでから舞台に立つのと同じように、事前に曲のコードを理解しておくことが重要です。」

 

コードを読めるようになろう

コードとは、日本語で「和音」のことです。

高さの異なる音を3つ以上同時に鳴らすと、それが「コード」で、いくつかのコードが並び、展開していくことを「コード進行」と呼びます。

例えば、こちらの写真はジャズのスタンダードナンバー「枯葉」のコード進行です。

ジャズのコード

CやB、Fといったアルファベットは、ドレミといった音階の英語表記。

「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ」は「C・D・E・F・G・A・B」と表記されます。

ひとつひとつのコードには「Cm7(シー・マイナー・セブンス)」「F7(エフ・セブンス)」など、「コードネーム」が付いていて、コード譜にはこのコードネームが書かれています。一見すると暗号のようで種類も多いので難しそうですが、コードネームは規則性に基づいて表記されているので、覚えてしまえば意外と簡単です。

一つのコードネームは、下の図のように、アルファベットや数字が書かれる場所によって何を表しているのかが決まっています。

例えば「Cm7(シー・マイナー・セブンス)」はこんな感じです。

シーマイナーセブンス

・ルート

まずルートとは、日本語で「根音」といい、その名の通りコードの根っこ(基本)となる音。

「C・D・E・F・G・A・B」が入ります。(フラット、シャープを含む)

ルートの音を弾いていれば、曲中で音が外れるということはありません。

ロック系のジャンルだとルートだけをひたすら弾くような曲もありますが、ジャズだと少し物足りなく感じてしまいます。

そこで、ルート以外に使える音を示すのが、「3度」「5度」「7度」「9度〜」。

「●度」とは、ルートの音との“音の距離”を示します。

例えばルートが「C」の場合、

Cは1度、Dは2度、Eは3度、Fは4度、Gは5度、Aは6度、Bは7度、1オクターブ上のCは8度となります。

ちなみに、ベースの指板で見てみると以下のような配置ですね。

ルートとは ジャズ

 

コードネームとして、C、D、E、Fなど、ルートのみが表記されている場合、最もスタンダードなメジャーコードとして、長3度と完全5度の音がコードに含まれます。

例えば「C(シー・メジャー)」の場合、ルートのCに加え、長3度のEと完全5度のGがコードに含まれます。

 シーメジャー

・3度

ルートの「3度」にあたる音に関する指示が入ります。

「m」または「−(マイナス)」と表記されていた場合、これを「マイナーコード」と呼び、前述のメジャーコードを基準にして、3度の音を半音下げた音(短3度)が入ります。

例えば「Cm(シー・マイナー)」の場合、短3度の音はE♭となります。

シーマイナー

 

7度、5度、9ページは次ページで解説します!

しも by
1984年生まれのフリーライター。 信州安曇野出身・東京多摩地区在住。 レゲエユニット「KaRaLi(カラリ)」でミュージシャンとしても活動中。