楽器とボーカルの練習に役に立つ&読んで楽しい音楽情報

【アカペラの楽譜10選】上達するなら手元置きたいお進め曲集をご紹介

アカペラの楽譜集を購入する上での注意点からチェック

アカペラを始めたい。一番最初に必要なものは、やっぱり楽譜でしょう。本と同じで、たくさんの楽譜が出版されています。もちろん、自分が歌いたい曲の楽譜を買うものですが、それにしても選ぶのは難しい。楽譜の選び方や、マッチポイントなどご説明しましょう。

①ジャンルが違えば楽譜の内容も違う!

アカペラは、無伴奏で歌うことですから、ジャンルは様々。最近は、演歌や民謡もアカペラ・コーラスで歌ったりします。しかし、それぞれが全部同じ楽譜とは言えません。
解りやすいのはクラシックの楽譜ですが、もともとアカペラで歌うグレゴリオ聖歌などは、時代が古いので、小節戦が無いものがほとんどです。そうなると、専門的知識も必要になってきますので、特殊なパターンですが、讃美歌なども、例えば、繰り返しの歌詞が楽譜に入っておらず、2番以降は他の箇所に記載してあるなど、変わった楽譜もありますね。
それらは専門性のあるものなので、それようの楽譜を買って、勉強すればよいでしょう。
ジャズなどは普通のボーカルスコアがありますが、フリーで歌う個所があると、そのところだけ「繰り返し」とか「フリー」とか書いてあるだけで、小節を割ってない楽譜もあります。
しかし、一般的には、そこまで難しく書いてないものがほとんどだと思いますので、例えば「初心者」とか「簡単」みたいな文字が表紙に入っているものも、最初は良いでしょう。
また、曲集になっているものと、ピースと言って、その曲だけの楽譜とあります。どちらも用途によって使い分けることができます。

②男声、女声、はたまた混声?何人で歌うかも重要

これも、前述のジャンルの違いと同じようなものですが、曲集などを購入する場合に、「女声合唱」とか「混声合唱」とか、必ず表記があるはずなので、間違わないようにしましょう。
特に男声コーラスの場合は、女声と違って、基本が「へ音記号」であ場合が多いので、間違って買ってしまうと、女声では読み方が違ってきますので、注意しましょう。混声の方が、女声はト音記号、男声はへ音記号としっかりわかれていますから、間違わないかもしれませんね。児童合唱に関しては、女声と同じト音記号の表記となっています。

③最後に編曲にも要注意

楽譜となると、アレンジでかなり変わってくるものです。特に、何人で歌うことになっているかは重要で、デュエットなのか、合唱曲なのか、5人で歌うカルテットなのか、自分たちのグループの人数を間違えないようにしましょう。
逆に合唱曲となると、あまり考える必要はありません。何人で歌っても、楽譜の内容が変わるわけではなく、声部だけ気をつければ良いでしょう。

おすすめしたいアカペラの楽譜10選

①「ハモろう! アカペラのザ★定番 レット・イット・ゴー~ありのままで~ 」


https://www.amazon.co.jp/

ヤマハミュージックメディア 1980円

気持ちよく仲間とハモってみたい!そういう思いにぴったりの一冊です。
ヴォーカルとコーラスにパーカッションパートもついた、話題曲、定番曲のアカペラ・アレンジ曲集です。大ヒット曲「レット・イット・ゴー~ありのままで~」や、ファレル・ウィリアムスの「HAPPY」など、ワクワクする曲集です。

②アカペラで歌おう ベスト曲集 Vol.1 (みんなでハモろう!)


https://www.amazon.co.jp/

前野 コトブキ (イラスト), 青山 しおり (その他), 八文字 裕紀 (その他)
ドレミ楽譜出版社 1540円

アカペラ初心者でも、仲間達と楽しくハモりたいし、それが可能になる一冊です。ストリートやアフター5などで、ぜひチャレンジしてみてほしい楽曲を収載しており、お勧めの一品 です。

③「アカペラ曲集 すぐにハモれる!! アカペラ 宮崎駿&スタジオジブリ (楽譜)」


https://www.amazon.co.jp/

住谷知宏 (著)
ケイ・エム・ピー 1980円

やはり外せない曲集なのがこれ。今や、子供から大人まで大人気の宮崎 駿&スタジオジブリ作品の主題歌集です。この曲集は、『風の谷のナウシカ』から『風立ちぬ』までの主題歌やイメージソングなどをアカペラでアレンジしています。
しかも、各パートの音域も無理なく出せる範囲で、初心者にもやさしいアレンジにしてありますので、誰でもすぐに楽しむことができます。

④アカペラピース ひとり/永遠に/誓い/Promise <5声アカペラ>


https://www.amazon.co.jp/

ケイ・エム・ピー 880円

日本のアカペラ・グループの代表格、ゴスペラーズの名曲「ひとり」他、4曲を、曲集ではなく、ピース(それぞれの曲が単体になっている形)でまとめたものです。必要な曲だけをチョイスして持ち運びが出来るのも便利ですね。5声のアカペラ・アレンジになっています。
収載曲は「ひとり」「永遠に -unplugged live version-」「誓い」「Promise -a cappella-」など。

⑤「アカペラコーラス 日本の童謡と唱歌 (楽譜)」


https://www.amazon.co.jp/

坪野 春枝 (著, 編集)
ケイ・エム・ピー 1760円

本書は親しみやすい童謡や、懐かしい文部省唱歌をア・カペラの合唱曲に編曲したものです。収載曲も「赤とんぼ」「おつかいありさん」など、誰でも一度は歌ったことがある曲ばかりです。アカペラで歌うことで、一味違った唱歌が楽しめます。

⑥女声合唱 やさしく歌える無伴奏(アカペラ)コーラス・セレクション


https://www.amazon.co.jp/

編曲: 大田 桜子
ヤマハミュージックメディア  1870円
クラシック曲から童謡・唱歌、ミュージカル、シャンソンなど多彩なジャンルの名曲がそろっています。女声のアカペラ・コーラスと言うことで、優しい声音を生かしてコンサートや結婚式、パーティなど、少人数でも盛り上がれそうな、やさしいアカペラコーラス曲集です。

⑦ア・カペラ2声で歌う 相澤直人 編曲による 日本のうた <演奏解説付>~2人でも、どこでも歌える珠玉のコーラス~」


https://www.amazon.co.jp/

ヤマハミュージックメディア 1980円

どこでも歌えるア・カペラ2声の「日本のうた」の曲集です。二声と言うことは二人いれば歌えるということ。ちょっとしたイベントなどで楽しめます。収載曲も馴染みの曲ばかり。初級~上級までレベル問わずお使いいただけます。

⑧「混声合唱のための アカペラエンカ (2786)」


https://www.amazon.co.jp/

神田屋 (著), 信長貴富 (著)
河合楽器製作所・出版事業部  1760円

「北国の春」「ブルーライト・ヨコハマ」など、往年の大ヒット歌謡曲がアカペラになりました!編曲した信長貴富氏は、作曲家としても著名で、合唱のアカペラ作品を世に送り出しているエキスパートです。綺麗なハーモニーで懐メロを楽しみましょう!

⑨ルネッサンス コーラス セレクション 男声の少ない混声合唱団のために

周藤 諭 (著)
NextPublishing Authors Press 1100円

今日の合唱の原点とも言うべきルネッサンス期の合唱曲です。中々男声に恵まれない混声合唱団でも親しむことができるように、全ての曲が女声パートを2から4部にしているのに対して、男声パートは1部のみという構成となっています。
そういう意味では、各パート最少1人ずつの4声から演奏が可能で、重唱や小アンサンブルにもおすすめです。歌唱言語がラテン語、英語、ドイツ語、イタリア語と、ルネッサンス期の言語を使っているため、日本語訳が収録されています。

ヴォイパ付 アカペラ ジャズスタンダード

原川 健 (著)
ヤマハミュージックメディア

「虹の彼方に」、「フライミートゥザムーン」など、ジャズのスタンダードがアカペラにアレンジされました。しかも、ヴォイパ付き!
昨今はヴォイパがやりたくて、ジャズのアカペラ・グループを組む方も多いですよね。思いっきり楽しめそうなラインナップです。

もっとアカペラを極めたいなら…?自主練習には限度がある

歌いたい楽譜が沢山あって、目移りしそうですね。しかし、好きなアレンジが、必ず歌えるかどうかは、やはり実力次第かもしれません。特にヴォイパなどがアレンジされているジャズの曲などは、今の歌い方や声の出し方で良いのかも気になります。そこで、お勧めしたいのが、EYS音楽教室です。

コーラスのバランスなどにも自主練には限度がある

ボイトレなどもそうですが、ハウツー本やDVDなどで、理論はわかっても、実際にやってみると自分では確認できないことが多々あります。基本的に自分で声を聴くことはできないし。なので、専門家のレッスンを受けることも考えましょう。
特に、アカペラはハーモニーが命。実際に声にしてみて、初めてバランスやヴォイパのエネルギーの加減など、わかってくることが沢山あります。専門家の指導のよって、世界が拡がることが多々あるでしょう。

EYS音楽教室をおすすめする理由

期間限定!ヴォーカルコース入会金50%OFF

EYS音楽教室では、「アカペラ」専門のコースがあること、その中でも、自分がやりたいポジションで、専門的なレッスンを受けることが可能です。
その時安心なのが、「無料体験レッスン」
もちろん、他の音楽教室でもやっていますが、EYSが一味違うのは、その感想。
体験した方が、口をそろえて「とにかく楽しかった!」と言うように、まず最初に体験していただくのは、レッスンの真面目さや厳しさではなく、「楽しさ」であるからです。
初めてレッスンを受けた方に対して、今から始める楽器や音楽が、未知のものであるからこそ、「体験レッスン」は貴重です。そこでどんなイメージが出来るかで、嫌いになってしまうかもしれません。EYSでは、絶対にそんなことはありません。ぜひ、「体験レッスン」を受けてみることをお勧めします。
レッスンの後、その楽しい気持ちを持続したまま、本レッスンを受け始めて頂けると確信します。その気持ちを大切にしてくれるのが、EYS音楽教室なのです。

\まずはお気軽にどうぞ/

最後に

今は印刷技術もレベルが高く、本当にきれいで見やすい楽譜が増えてきました。
特に合唱曲は、パートが多いと1枚で一小節や二小節しか記載されていないなんてこともあります。印刷されている音符や歌詞から、世界が拡がってくる楽譜が良いですよね。
そして、アレンジも様々なものがありますが、実は、楽譜は印刷の世界。実際に声に出してみて、初めて、その世界が立体化してくるのです。アカペラなら、なおさらです。
皆さんの声は、楽譜の世界を表に出してあげる役割も持っているのです。アカペラの世界をぜひ、楽しんでくださいね。

by
音楽や楽器の練習・上達方法について編集部員がご紹介いたします。