楽器とボーカルの練習に役に立つ&読んで楽しい音楽情報

プロドラマーに習えるドラム教室。ライターが無料体験レッスンに行ってみた。

ドラム 教室  東京

ステージの中心でスポットライトを浴びるボーカル。そして、その後ろで静かにリズムを刻むドラマー。

ボーカルやギターに比べるとドラムは地味なイメージですが、寡黙に音楽の屋台骨を支える頼り甲斐のある存在感と、両手両足を使った巧みなテクニックに憧れる人は多いと思います。

何を隠そう、筆者も中学生の頃、ドラムに興味をもって音楽を始めようと思ったものの、バンドを組むときに学園ヒエラルキーに敗れ(笑)ベースをやることになったという、ドラムに憧れをもつ人間のひとり。

今回のドラムの無料体験レッスンで、ようやく念願が叶いました!

「ベースをずっとやってきたので多少叩けるだろう。」と予想する一方で、全然叩けなかったらどうしよう…もしくは逆に、上手くいきすぎてレッスンがつまらなかったらどうしよう…と、バンド経験者が故の屈折した不安が止まりません(笑)。

その結果はいかに?詳しくレポートします♪

めちゃくちゃ楽しいドラムレッスンを体験するなら!EYS音楽教室へどうぞ♪

入会するとタダでドラムがもらえる!
\まずはお気軽にどうぞ/

ドラム教室の講師は有名アーティストのバックでも活躍するプロドラマー!

無料体験レッスンの場所は、EYS音楽教室の銀座校。

有楽町駅から徒歩5分のビルにあります。

EYS音楽教室ドラムスクール

今回教わるのはリンタロウ講師。

高校生でドラムを始め、2012年にロックバンドaquarifa(アカリファ)でデビュー。これまでに秋山タカヒコ(downy)さん、柏倉隆史(toe)さん、大倉大輔(ATATA)さん等に影響を受けて今に至るのだそう。

現在は、アイドルグループ、sora tob sakanaや私立恵比寿中学のレコーディングに参加するなど、多方面で活躍しています。

また、ドラムメーカーZildjian、wincentとエンドースメント契約を結び、Twitterで演奏動画を定期的にあげるシリーズ「ドラムのオカズでゴハン」も人気を集めています。

EYS音楽教室ドラム講師リンタロウ先生

無料体験レッスン開始!

体験レッスンの時間はだいたい30分。

服装は、女性の場合ヒールのある靴やスカートでなければなんでもいいそうです。裸足でもOKとのこと。

まずはドラムスティックの握り方から教えてもらいます。

「スティックの下から3分の1か4分の1くらいの場所を親指と人差し指でつまみ、他の指を自然に添える感じです。」

ふむふむ。

ドラムスティックの握り方

続いてドラムセットの説明をしてもらい、基本的な姿勢を教わります。

「ドラムセットの中でもっとも大切なのは、バスドラム、スネア、ハイハットの3つで、これを『3点』と呼びます。座った時の基本姿勢としては、両手を交差させるようにして、右利きの場合、右手をハイハット、左手をスネアの上に構えます。そして、左足はハイハットペダル、右足はキック(バスドラムのペダル)の上に置きます。」

基本姿勢を覚えたら、実際に叩いてひとつひとつの音を確認してみます。

さすが生ドラム。なかなかの大きな音量で、鳴らしてみるだけでも爽快感がありますね!

「生ドラムはエレキギターのようにアンプから音が出る楽器ではなく、人間の手や足で直接鳴らす楽器なので、強く叩けば強くなり、弱く叩けば弱くなる。フィジカルな要素が強い楽器です。」

ドラムのたたき方を教わっています

ドラムの基本、8ビートを叩いてみよう

「では実際に『3点』でリズムを演奏してみましょう。今回は体験レッスンということで、基本中の基本である『8ビート』をやってみましょう。8ビートを叩くことができたら、多分世の中に溢れる1万曲以上のドラムが叩けちゃいます!いや、もっとかな(笑)。」

リンタロウ先生の指導に熱が入る

「まずはハイハットを叩いてみましょう。1小節の中でハイハットを8分音符で8回鳴らします。ハイハットだけ叩いてみると、「チッ、チッ、チッ、チッ、チッ、チッ、チッ、チッ」これで1小節です。

「そして、ハイハットの1つ目と5つ目のタイミングでバスドラム、3つ目と7つ目のタイミングでスネアドラムを叩きます。」

いきなり「3点」で叩くのではなく、先生のカウントに合わせてハイハットとバスドラムだけ、ハイハットとスネアだけ、バスドラムとスネアだけと、徐々に慣らしながらそれぞれのタイミングを理解していきます。

ハイハットとバスドラムだけ…
ドン、チッ、チッ、チッ、ドン、チッ、チッ、チッ

ハイハットとスネアだけ…
チッ、チッ、タッ、チッ、チッ、チッ、タッ、チッ

バスドラムとスネアだけ…
ドン、、、、タッ、、、、ドン、、、、タッ、、、

ドラムを一緒にたたいて教えてくれる

先生が一緒に叩いてくれるので、結構できている気分になれる!

口で「1・2・3・4・5・6・7・8」と声に出しながら練習するのがポイントなのだそう。

そしていよいよ、3点全部で8ビートに挑戦。

「ドン、チッ、タッ、チッ、ドン、チッ、タッ、チッ…」

ドラムを熱心に教えてくれる

おー!一応できた!

しかし、なんだか少し叩いただけで頭をフル回転させているような感覚。

「ドラムを上達するためには、体の動きをまず頭で理解することが重要です。言い方を変えると、頭で理解できないリズムを叩くことはできません。口に出した方がいいというのにもそういった意味があります。だから、ドラムはとても『頭の体操』に効果的な楽器だと思います。そのせいか、プロドラマーには頭がキレる人がとても多いんですよ。」

そしてさらにこの後、ドラムが上手く聞こえるようになる“ちょっとしたコツ”や、簡単でかっこいい「おかず(フィルイン)」も教えてもらいました。

曲を演奏してみよう♪

「それでは最後に、この曲を演奏してみましょう。」

「星野源の『SUN』という曲、実は先ほどやってもらった8ビートで叩けるんですよ。」

えーホントに?

曲を流して、それに合わせながら叩いてみます。

「ドン、チッ、タッ、チッ、ドン、チッ、タッ、チッ…」。

今度は一人でドラムをたたいてみる

おー!すごい!

曲とひとつになった感覚…楽しーい!!!

そして最後は先生が、同じ曲に合わせてプロの技を披露してくれました。

言うまでもありませんが、やはり同じことやっても、迫力もリズムのキレも全然違う…。

プロの演奏をこんなに間近で体感できるとは、お土産に素晴らしいものを見せてもらいました!

最後はリンタロウ先生のドラムソロプレイ!

感想

30分の体験レッスンは、終わってみると思っていたよりもあっという間で、それでいて濃密な時間でした。

筆者の予想通り、私はバンド経験者ということで多少叩けましたが、予想を超えるドラムの楽しさを実感できた気がします。

上達のスピードは人それぞれで、ドラムやバンド未経験者の場合、最初から8ビートが叩けるようになる人は少ないと思いますが、先生の丁寧な説明と明るいキャラクターで、ドラムの役割や楽しさに触れることができるはず。

何と言っても、最後の曲に合わせたドラム演奏の爽快感は忘れられません。

「ドラマーってこんな視点で音楽を聞いているんだな。」と、まるで星野源の背中を見つめながら、そして、その先のお客さんを見つめながら演奏している気分になれました。

この感覚、多分他の楽器では味わえないと思います。

というわけで、すっかりドラムにハマり、帰り道に早速ドラムスティックを購入する筆者でした(本当)。

めちゃくちゃ楽しいドラムレッスンを体験するなら!EYS音楽教室へどうぞ♪

入会するとタダでドラムがもらえる!

このリンタロウ講師にも習うことができるドラムレッスン。そしてなんとなんと…入会すると電子ドラムが無料でもらえるんです!出血大サービスですね…。
まずは、気軽に無料レッスンを体験してみてはどうでしょうか。

\まずはお気軽にどうぞ/

ドラム以外の無料体験レッスンの様子は

他の楽器にも興味があるという方は、ぜひ以下の体験レッスンの記事も併せて参考してみてください。EYS音楽教室の雰囲気がよくわかると思いますよ♪

しも by
1984年生まれのフリーライター。 信州安曇野出身・東京多摩地区在住。 レゲエユニット「KaRaLi(カラリ)」でミュージシャンとしても活動中。