楽器とボーカルの練習に役に立つ&読んで楽しい音楽情報

大人のピアノ教室、ピアノ未経験ライターが体験レッスンに行ってみた。

ピアノ 体験レッスン 東京

ピアノが弾けたらいいなと、思うことはありませんか?

小学生のころ、合唱でピアノ伴奏をしている子に密かに憧れていた私。でも、習う機会がないまま大人になり、ピアノを弾くことをすっかり諦めていました。

でもできることならピアノを弾けるようになってみたい! そう思った時が始め時とばかりに、体験レッスンに行ってみました。ピアノ未体験の私が、感じたままにレポートしたいと思います。

未体験も大歓迎、大人のピアノ教室

レッスンの話をする前に…簡単に私の音楽スキルについて触れておきます。

  • 楽譜…読めない。かろうじてドレミがわかるくらい。
  • ピアノ…全く触ったことなし。鍵盤楽器は、小学生の時にピアニカに触れた程度。
  • 他の楽器…もちろんできない。憧れていただけ。

大人になってからは、カラオケに行くか音源を聴くくらいしか、音楽に触れる機会はありませんでした。こんな私がピアノを弾けるようになるのか、疑問と不安しかありません。大丈夫なんでしょうか…。

講師は世界で活躍するプロ!

小山洋子 ピアノ

 

今回の体験レッスンの場は、EYS音楽教室新宿校。担当は小山洋子先生です。

小山先生は、東京藝術大学器楽科を卒業した後、ドイツのケルン音楽大学、同大学院を卒業されたという方。オーケストラのメンバーとして演奏したり、ソリストとして数多くの音楽祭に招待されるなど、幅広く活躍されているピアニストでもあります!

学生時代も含めトータル17年間ドイツで活動し、1年半ほど前に帰国したばかりなのだそう。そんなすごい経歴だなんて…厳しかったらどうしようとドキドキです。

いざ、レッスン開始

ピアノ 教本 初心者

 

さあ、いよいよレッスンが始まります。わたしの場合、ピアノをまともに触ることさえ初めてです…。

先生が最初に取り出したのは、子供向けのテキスト。ドイツ帰りとあってか、まさかのドイツ語

私がピアノ未経験者ということで、まずはピアノの歴史や仕組みについて教えてくれました。ちなみにグランドピアノは、ドイツでは「天使の羽」というんだそう。言われてみれば、羽のような形にも見えますよね。

小山先生は、教本を丁寧になぞる形でレッスンを進めます。難しい教本ではなかったので、気楽に受けられました。

楽譜と指づかいの基本を知る

大人 ピアノ 教室

 

ピアノの歴史について触れた後は、指の使い方、楽譜の読み方について教えてもらいます。

小山先生
(楽譜を指差しながら)この音、なんだと思いますか?

ライター 小松
…ド…?ですか…?

小山先生
お、正解です!なんでそう思ったの??

ライター 小松
えーっと…なんかそう習った記憶があるから…

楽譜に記してある音階。これには、決まりがあるのです。

小山先生
(ト音記号を指さして)この記号、見たことある?

ライター 小松
と…ト音記号…?(レッスン本にうっすら書いてある)

小山先生
そう!じゃあその「」って何のことか知っていますか?

ライター 小松
え…?ト…?

小山先生
ほらほら、そこに書いてあるんですね~(テキストを指さす)

ライター 小松
あ!「」です!!

小山先生
そうそう!ト音記号の「ト」はドレミファソの「」を指しているの。だから、ト音記号っていうんですよ〜

 

ト音記号 由来

 

よく見てみると、ト音記号の中心は「」にきています。ちなみに「ドレミファソラシド」は日本語ではなく、なんとイタリア語。昔の日本では、かな文字を「はにほへといろは…」という順に呼んでいたため、に置き換えたということのようです。

ド レ ミ ファ  ラ シ ド
は に ほ へ   い ろ は

↑こういうことです。音楽の授業で習ったような気もしますが、記憶はあいまい。。。でも、改めてこうやって教えてもらうと、「なるほど!」の連続です。

 

では、早速弾いてみましょう!(次ページへ)

小松亜矢子 by
フリーライター、元看護師。福岡県出身、神奈川県横須賀市在住。健康関連の記事を中心に、趣味の分野まで幅広く執筆。遊ぶように楽しく生きることがモットー。趣味は一人カラオケ。メロコア系バンドが大好きです。