楽器とボーカルの練習に役に立つ&読んで楽しい音楽情報

どう選ぶ?グランドピアノ、アップライトピアノ、電子ピアノの特徴&違い

鍵盤楽器 種類

世界中で親しまれている鍵盤楽器。鍵盤を押すことで音を出す楽器の総称です。その中でもやはり「ピアノ」が代表的ですが、他にも「アコーディオン」や「オルガン」など、さまざまなものがあります。

今回はそんな数ある鍵盤楽器の中から「アコースティックピアノ」、「電子ピアノ」、「シンセサイザー」の3種類の構造や音の違いを紹介します。ピアノの初心者の方にとって、ピアノの選び方、購入の参考になれば幸いです。

初心者のためのピアノ購入ガイド

アコースティックピアノ

アコースティックピアノ(以下、ピアノ)とは、1709年頃にイタリア人のチェンバロ製作家、バルトロメオ・クリストフォリが原型をつくった、もっともポピュラーな鍵盤楽器です。

ピアノ 選びかた

「ピアノ」は略された名前で、正式名称は「フォルテピアノ」。

バルトロメオは、それまで製作していたルネサンス音楽やバロック音楽を代表する楽器「チェンバロ」の「音の強弱を表現しにくい」という点に不満を感じ、現在のピアノの原型となる楽器を考案しました。この楽器を「クラヴィチェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ」と呼び、その名称が短くなり「ピアノ」となりました。

ちなみにこちらがチェンバロの音色。

 

グランドピアノとアップライトピアノ

ピアノには、現在では主にコンサートなどで使われる「グランドピアノ」と、グランドピアノを一般家庭用にコンパクトにし19世紀に誕生した「アップライトピアノ」があります。

鍵盤の数は、グランドピアノ、アップライトピアノどちらも、黒鍵36、白鍵52の合計88鍵(7オクターブ)が一般的です。

ピアノは、指先で鍵盤を押すと、その力でハンマーが動き、ハンマーが弦を叩いて音を出すという構造です。

鍵盤を遅く押せばハンマーがゆっくりと打弦するので音が弱く(小さく)なり、逆に早く押せば音が強く(大きく)なるので、指のタッチを変えることで豊かな表現ができます。また、叩いた弦以外の弦に共鳴するので、独特の美しい響きが生まれます。

グランドピアノは鍵盤と弦が床に対して水平に張られており、押された鍵盤がテコの原理でハンマーを上に跳ね上げます。力の加わり方が一方行で無駄な動きがなく、そのエネルギーはアップライトピアノの2~3倍にもなります。

グランドピアノのハンマー

グランドピアノのハンマー

 

対してアップライトピアノは押した鍵盤とハンマーが同じ方向ではないため、ハンマーが弦を押して音が出るまでの時間のロスがグランドピアノよりも大きくなります。そのため、音の強弱(ダイナミックレンジ)もグランドピアノよりも小さくなります。

また、グランドピアノにはレペティション機能が備わっており、ハンマーが始動位置に戻らなくても次の打鍵準備をすることができ、素早いトリルや連打が可能です。この構造の違いにより、同じ鍵盤を連打できる回数は、グランドピアノが1秒間に14回、アップライトピアノが1秒間に7回という差が生まれています。

 

アップライトピアノのハンマー

アップライトピアノのハンマー

 

 

そして、足元には3本のペダルが付いています。

演奏中にペダルを踏むことで、鍵盤から指を離しても弾いた音を長く持続させたり、音色と音量を変化させたりと、さらに繊細な表現ができます。

アップライトとグランドピアノでは名前や役割が異なる部分もあります。アップライトの場合は、右から「ダンパーペダル」「マフラーペダル」「ソフトペダル」、なかでも頻繁に使うのが右のダンパーペダルです。

グランドピアノの場合は、向かって右から「ダンパーペダル」「ソステヌートペダル」「シフトペダル」です。

ピアノ ペダル

 

ちなみにこちらは「アップライトピアノ」を弾いている動画です。

 

パネルを取り払っているので、ハンマーが動く様子が見えてかなりおもしろいですね。

指の動きに反応して複雑な仕組みで音が鳴っているということがよくわかります。

 

【PR】いまなら入会金50%OFF!ピアノを習うならEYS音楽教室 [期間限定キャンペーン開催中]

いまなら入会金50%OFF!ピアノを習うならEYS音楽教室

電子ピアノ、シンセサイザーとは(次ページへ)

しも by
1984年生まれのフリーライター。 信州安曇野出身・東京多摩地区在住。 レゲエユニット「KaRaLi(カラリ)」でミュージシャンとしても活動中。