楽器とボーカルの練習に役に立つ&読んで楽しい音楽情報

【初心者必読】ヴァイオリンを始める前に押さえておきたい基本的な知識と練習方法【入門編】

楽器としての存在は知っていても実際に手に取る機会はあまりないというものも少なくありません。ヴァイオリンはその代表です。多くの方がヴァイオリンの形状や音色はご存知だと思います。しかし、敷居が高いイメージもあり実際に触れたことはないという方が多数派のようです。それこそ、子どものころから英才教育を受けなければ弾けるようにはなれないと思われがちです。

しかし近年では大人になってから趣味としてヴァイオリンを始めるという方も増えています。当サイトをご覧になっている方の中にも、これからヴァイオリンをはじめたいと考えている方も多いでしょう。

そこで、今回はヴァイオリンを始めるにあたって押さえておきたい基本的な知識や楽器の選び方、練習方法などをご紹介します。

あなたの音楽ライフを充実させるのに役立てていただければ幸いです。

【キャンペーン中】今なら楽器プレゼント!ヴァイオリン習うならEYS音楽教室

入会すると無料でヴァイオリンがもらえる!

関連記事:
未経験者がバイオリンレッスンを受けてみた!EYS音楽教室の無料体験レッスンはどんなもの?

もくじ

ヴァイオリンを始めるなら子どもの頃から?大人になってからでは遅い?

冒頭でもご紹介しました通り、ヴァイオリンは子どものころから練習しなければ身につかないというイメージが持たれがちです。

では、大人になってからはじめることはできないのでしょうか?

大人になってから初めても大丈夫

ヴァイオリンは大人になってから初めても十分に楽しむこともできます。敷居の高い楽器というイメージもありますが、絶対に子どもの頃から英才教育を受けなければならないというわけではないのです。

クラシックの世界などでトップ奏者として活躍している方の多くが幼い頃から英才教育を受けていますので、大人になってからでは遅いというイメージが持たれがちです。

しかし、実際に大人になってからヴァイオリンをはじめて、1年程度でステージでの演奏を楽しめるようになったという方も少なくありません。

もちろん、他の楽器の演奏経験も不要です。まったく音楽経験がなくても自分に合った練習さえできれば十分に上達できます。

曲を弾けるようになるにはどのくらいの期間がかかる?

これからヴァイオリンをはじめる上で、実際に曲を演奏できるようになるまでにどのくらいの期間がかかるのかは気になるポイントです。

もちろん、個人差はありますがヴァイオリンの初心者向け練習曲の定番のひとつである「さくら」であれば1~2週間程度で弾けるようになる方もいます。クラシックの定番曲であればバッハの「G線上のアリア」などが初心者でも弾きやすい曲として有名です。こちらも数ヶ月の練習である程度形にすることは可能です。

しっかりと練習できれば1年程度でかなりのレパートリーを持つことだって不可能ではありません。

最近ではポップスやロックなどの有名曲を初心者向けにアレンジされた楽譜集なども増えていますのでうまく活用してみましょう。

ヴァイオリンで挫折しないためのポイント

せっかくヴァイオリンをはじめたのに挫折してしまっては意味がありません。そこで、挫折しないためのポイントをご紹介します。

ヴァイオリンを演奏するためには基礎が重要です。正しく楽器を扱えなければきれいな音を出すことさえできません。そこで、最初は基本的な構え方や弓の扱いをしっかりと覚える必要があります。

この基礎さえ覚えればヴァイオリンならではの美しい音を出すことができるようになります。ヴァイオリン初心者の方の多くが、音をうまく出せないことで挫折してしまいます。いきなり練習フレーズや曲に挑戦しようとすると、音を出すための基礎が身につきませんので挫折しやすくなってしまうのです。

基礎を覚えるには、教室に通うのがおすすめです。教本や動画で学ぶこともできますが、自分は同じようにやっているつもりでも違う部分があったり、気にしている部分は合っていても他の部分で重要なところを見逃してしまうことがあります。教室で先生に診てもらいながらアドバイスをもらうのは有効です。EYS音楽教室では、無料でレッスンを体験できますので、一度試してみてはいかがでしょうか?

入会すると無料でヴァイオリンがもらえる!

ヴァイオリンが活躍するシーン

ヴァイオリンというとクラシックをイメージする方が多いかもしれません。しかし、今日ではさまざまなジャンルで使われるようになっています。ポップスやロックなどとの相性も良い楽器です。

例えば、日本を代表するロックバンドであるLUNA SEAではギタリストのSUGIZOがヴァイオリンも兼任しており、曲によってはエレキヴァイオリンを使用しています。

また、人気アニメ・ゲームの「BanGDream(バンドリ)」の劇中に登場し、リアルでも活動を行っているモルフォニカでは、若手ヴァイオリニストとして人気のAyasaが活躍しています。

ヴァイオリンはクラシックのための楽器というイメージを一度捨ててみるとこの楽器のさらなる可能性を発見できるかもしれません。聞き慣れているポップスなどでもよく聞いてみるとヴァイオリンの音色に気付くこともあるはずです。注意深く探してみましょう。

初心者向けヴァイオリンの選び方~予算は?相場は?

これからヴァイオリンをはじめるにあたって、まずは楽器の購入を検討しているという方も多いかもしれません。そこで、続いては初心者向けのヴァイオリンの選び方のポイントをご紹介します。

ヴァイオリン選びのポイントは?

初心者の方の場合、まずヴァイオリンをどのように選べばいいのかわからず、悩んでしまいがちです。

演奏したいジャンルによってもヴァイオリンの選び方は変わります。クラシックであればスタンダードな4弦タイプのものが中心ですが、ロックやポップスで使用したいのであればエレキの5弦タイプが使用されることが多くなっています。

自分がどんなジャンルに挑戦したいのかを考えた上で選ぶといいでしょう。

サイズはどう選ぶ?

大人の場合、サイズについてはそれほど悩む必要はありません。通常の4/4サイズのものを選べば問題ないでしょう。

ただ、お子さんの場合は体のサイズに合わせて選ぶ必要があります。体の成長に合わせて持ち変える必要があります。なので、その前提で選ぶことが大切です。

目安としては3~4歳で1/16~1/10サイズ、5~7歳になると1/8~1/4サイズのものを選びます。もちろん、同じ年齢でも身長や手の長さなどは異なりますので、実際に楽器店や音楽教室などで手にしてみて選ぶことが大切です。

ヴァイオリンの材質はどんなものが良い?

今日ではヴァイオリンにもさまざまな材質のものがあります。ですが、初心者の方が購入するのであれば、胴はスプルーストップにメイプルサイド・バック・ネック、そしてエボニー指板といったもっとも一般的なスペックのものがおすすめです。

安価なものの場合、一部に代用材や樹脂などを使用しているものもありますが、できるだけ基本のスペックに近いものを選ぶようにしましょう。

全体の特殊素材を使ったものなども近年注目を集めていますが、初心者の方の場合まずはヴァイオリンという楽器の本来の特徴を知る必要があります。だからこそ、一般的なものを選ぶことをおすすめします。

価格帯は?やっぱり高いもの程いい?

ヴァイオリンといえばとても高価な楽器というイメージを抱く方も多いかもしれません。しかし、実は価格帯は非常に幅広く、1万円程度で購入できるものから上を見るとキリがありません。そこで、悩みとなるのがどのくらいの価格のものを購入すればいいのかという点です。

最初は安価なものでいいと思われがちです。しかしさすがに1万円程度のものの場合チューニングが安定しなかったり、演奏しにくかったりするケースもあります。もちろん、すべてがそうというわけではありませんが、最初こそできるだけしっかりしたものを選ぶことをおすすめします。

価格帯としてはいろんな考え方がありますが5~10万円が最低ラインと考えるといいでしょう。この価格帯になるとしっかりしたメーカー品になりますし、中級者以上になっても愛用できるものになります。何よりもヴァイオリンらしい美しい音色をある程度楽しめるものとなれば、この価格帯以上のものを選ぶ必要があるでしょう。

もちろん、予算に余裕があるのであれば30万円以上の価格帯のものになるとさらに高品質なものも選択肢に入ります。 基本的には5万円以上で予算の許す限りできるだけ良いものを、と考えるといいでしょう。

初心者の方におすすめのヴァイオリン

最近では初心者向けの価格帯のヴァイオリンの選択肢もかなり増えています。ヴァイオリンの場合、同じメーカーであってもサウンドの傾向や弾き心地はかなり異なっています。そのため「このメーカーなら間違いない」ということはありません。

だからこそ、初心者の方は迷ってしまいがちなのです。そこで、ここでは具体的に初心者の方におすすめのヴァイオリンをご紹介しましょう。

YAMAHA「ブラビオール」

日本を代表する楽器メーカーであるYAMAHAのエントリーモデルです。実売価格7万円前後ながら手作業によって丁寧に造られています。フィニッシュもオイルニスによって仕上げられており、見た目が美しいだけでなく本格的なサウンドを楽しめます。

また、ケースや弓、松脂など演奏に必要なものがセットになっているという点も嬉しいポイントです。

鈴木「アウトフィット」

老舗弦楽器メーカーである鈴木のスタンダードモデルです。高品質の材質を丁寧に組み上げて造られていますので、初心者の方のみでなく中・上級者の方も満足できるクオリティの楽器に仕上がっています。

長く愛用することのできるヴァイオリンを選びたいという方におすすめです。

Pretorio「EV-505」

ロックやポップスなどのジャンルで活躍できる5弦エレクトリックタイプのヴァイオリンです。手元でボリュームやトーンの調整も可能ですので、ソロのみでなくバンドアンサンブルの中でも使いやすくなっています。

実売価格5万円前後という価格帯ながら、手作業にとって組み上げられていますので長く愛用できるヴァイオリンです。

ヴァイオリンの基本的な弾き方と早く上達するための練習方法は?

続いてはヴァイオリンの基本的な弾き方と早く上達するための練習方法をご紹介しましょう。

ヴァイオリンの基本的な弾き方

まずはヴァイオリンの基本的な弾き方から覚えましょう。

ヴァイオリン本体は左肩に乗せ、左手でしっかりとネック部分を持ちます。この時にヴァイオリンとユカが並行になるようにしましょう。続いて、あご当てにしっかりとあごを乗せます。頭の重さをかけるような感覚で、しっかりと保持することで左手をコントロールしやすくなります。

弓は右手で柔らかく持ちます。指先でつまむような感覚です。最初はどうしても力が入ってしまいがちですが、できるだけリラックスして力を抜くことを意識してください。

構えを覚えたらいよいよ音を出していきます。ヴァイオリンはご存知の通り、弓で弦を擦ることによって音を出します。

ポイントは弦に対して水平に弓を当てて、一定のスピードで動かすことです。弓を優しく弦に乗せるような感覚で動かしてみましょう。力を入れすぎるときれいな音はでませんので、音の変化をしっかりと耳で感じながら力を調節することが大切です。

ヴァイオリンの音程(ドレミ)は?

ヴァイオリンは開放弦と、指板上で弦を押さえることによって音程を変化させます。しかし、ギターなどと違ってフレットがありませんのでポジションを覚える必要があります。

基本のポジションをしっかりと覚えることによって自然に音程をコントロールできるようになりますが、最初は指板やネックにシールなどを貼るのもおすすめです。

また、最初は自分の耳だけでは正確に音程を判断するのが難しいため、チューナーなどを使って確認するようにしましょう。

基本的な練習方法

ヴァイオリンの基礎練習は弓の動かし方(ボウリング)と運指(フィンガリング)に分けられます。最終的にはその両方を同時に行うことになりますが、右手と左手にわけて練習するのがおすすめです。

特にボウリングはヴァイオリンの演奏において特に重要なポイントとなります。安定してきれいな音を出せるようになるまでしっかりと練習しましょう。頭で考えるのではなく、体で覚えることができれば、自然に音を出せるようになります。

効率的に上達したいのなら音楽教室がおすすめ!

効率的にヴァイオリンの上達を目指すのであれば、音楽教室がおすすめです。確かにコストはかかりますが、なかなか上達できなかったり挫折してしまっては意味がありません。ギターやベースなどの他の弦楽器と比較すると、ヴァイオリンは独学が難しい楽器なのです。

自分に合った音楽教室や先生に出会うことができれば、かけたコスト以上の効果を実感できることでしょう。

EYS音楽教室ならヴァイオリン初心者でもすぐに楽しめる!

全国各地にスタジオを展開しているEYS音楽教室。さまざまな楽器のレッスンを行っています。もちろん、ヴァイオリンは人気楽器ですので多くの教室でレッスンを受けることができます。そこで、ここではEYS音楽教室のヴァイオリンレッスンの魅力をご紹介します。

詳しくレッスンの様子を知りたい方は体験レポートの記事も併せてご確認ください。
未経験者がバイオリンレッスンを受けてみた!EYS音楽教室の無料体験レッスンはどんなもの?

本人のレベルに合わせたオーダーメイドレッスン

EYS音楽教室の最大の魅力は本人のレベルに合わせたオーダーメイドレッスンです。まったくの初心者の方はもちろんのこと、経験者やブランクのある方など現時点でのレベルに合わせた的確なレッスンが受けられます。

そのため、着実な上達を期待することができます。

確実にレッスンを受けることができるシステム

EYS音楽教室では忙しい方でも確実にレッスンを受けることができるシステムが採用されています。自分の予定に合わせてレッスンの予約ができるのはもちろんのこと、急な都合によってレッスンを受けられなくなったとしても、無料で補講を受けられます。なので、急な予定変更が多い方でもしっかりとレッスンが受けられるのです。

また、実際にレッスンを受けてみたものの満足できなかった場合、他の講師に変更してレッスンを受け直すことのできるENJOY保証というサービスも用意されています。

希望者全員への楽器プレゼント

ヴァイオリンをはじめるとなれば、当然自分の楽器が必要となります。とはいえ、本格的なヴァイオリンになるとかなり高価です。それがネックになってなかなかはじめることができないという方も多いのではないでしょうか?

EYS音楽教室では希望者全員に楽器プレゼントを行っています。もちろん、ヴァイオリンも対象です。

プレゼントの楽器というと安価なものがイメージされがちですが、EYSの楽器は自社プロデュースによる本格派です。一般的な入門者向けモデルとは違い、中級者以上になっても愛用し続けることができます。

入会すると無料でヴァイオリンがもらえる!

オンラインレッスンにも対応!

2020年に入ってから新型コロナウイルスの感染拡大の影響から自由に音楽教室に通うことができないという悩みを抱えている方も多いでしょう。

そこで、EYSでは音楽教室でオンラインレッスンにも対応しています。ネット環境とパソコンなどの端末さえあれば、いつでも好きな時間にEYS音楽教室自慢のオーダーメイドレッスンを受けることができます。

もちろん、通常のスタジオレッスンと同様に無料体験レッスンも実施しています。これからヴァイオリンをはじめたいと考えている方は、まずは体験レッスンを受けてみてはいかがでしょう?

初心者におすすめのヴァイオリンの練習曲7選

最後に、初心者の方に聞いていただきたいヴァイオリンの練習曲・名曲を7曲ほどピックアップしてご紹介したいと思います。

クラシックはもちろんのこと、ポップスやロックなどもご紹介します。

J.S.バッハ「G線上のアリア」

誰もが1度は耳にしたことのある有名曲であり、同時に初心者向けの練習曲の定番でもあります。

初心者の方が最初に挑戦するクラシック曲にぴったりです。難易度はそれほど高くありませんが、しっかりとヴァイオリンを「弾いている感」をしっかりと味わえますので、モチベーションも上がります。

J.S.バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ&パルティータ」

クラシックにおけるヴァイオリンの名曲といえば絶対に外せないのがバッハの「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ&パルティータ」です。組曲となっていますがいずれもヴァイオリンという楽器の魅力を限界まで活かしたものとなっています。

難易度も非常に高く、コンクールなどの課題曲などにもよく挙げられています。初心者の方の練習曲としては少し厳しいかもしれませんが、ヴァイオリンを手にするのであれば一度は聞いておくべきでしょう。

エドワード・エルガー「愛の挨拶」

こちらも初心者向けの定番練習曲のひとつになっています。ゆったりとしたテンポの曲で、しっかりと音を伸ばす練習にぴったりです。

先程ご紹介した「G線上のアリア」と同様に、耳にする機会の多い曲ですので、レパートリーのひとつとしてマスターしておきたい曲のひとつです。

ヴィヴァルディ「ヴァイオリン協奏曲「四季」」

続いてはヴィヴァルディの代表曲であり、ヴァイオリンの名曲の筆頭にも挙げられる「ヴァイオリン協奏曲「四季」」です。中でも「春」はとても有名な曲なので誰もが一度は耳にしたことがあるでしょう。

こちらもヴァイオリンを手にするのであれば必ず挑戦してみたい曲のひとつです。

メンデルスゾーン「ヴァイオリン協奏曲」

こちらも超有名曲ですので、メンデルスゾーンという作曲家の名前は知らなくても曲は聞いたことがあるかと思います。さまざまなテレビCMやテレビドラマなどでも使用されています。

こちらもやはり難易度はとても高いですが、この曲に憧れてヴァイオリンを手にしたという方も多いのではないでしょうか?

しっかりと聞いたことがないという方は、最後まで聴き込んでみてください。きっとヴァイオリンという楽器の魅力をより深く知ることができるはずです。

葉加瀬太郎「情熱大陸」

ヴァイオリニストとしてはもちろんのこと、多方面で活躍している葉加瀬太郎の代表曲のひとつです。人気番組のテーマソングですので、耳にしたことがあるという方も多いかと思います。

はっきりとしたメロディはとても覚えやすく、脱初心者のための練習曲としても人気となっています。

モルフォニカ「Daylighit-デイライト-」

最後にご紹介するのは、人気アニメ・スマホゲームの「BanG Dream!バンドリ」シリーズ内に登場する架空のバンド「モルフォニカ」です。

このバンドはリアルバンドとしても活動を行っており、ヴァイオリンを担当するのはロック・ポップスシーンで活躍中の新進ヴァイオリニストのAyasaです。5弦ヴァイオリンを巧みに使いこなす素晴らしい演奏を聞かせてくれています。

ヴァイオリンの基礎知識、構造や歴史について

ヴァイオリンとはどんな構造の楽器?

ヴァイオリンとは弦楽器を代表するもののひとつで、クラシックなどで使用される「ヴァイオリン属」に属する4つの楽器の中でもっとも小さく高音域を出すことのできます。

多くの弦楽器と同じようにほとんどのパーツが木材によって構成されています。構造は内部が空洞になった胴(ボディ)に指板を張り合わせた竿(ネック)を接合したものとなっています。

使用される材はさまざまですがもっとも一般的なのは胴の表板がスプルース、裏板と側面、竿にはメイプル、そして指板にはエボニーという構成です。本格的なものはすべて単板ですが、低価格帯のものの中には一部合板や集合材などが使用されているケースもあります。

そして弦は基本的に4本で、古くはガットが使用されていましたが現在では金属や合成繊維のものが一般的です。

開放弦の調弦(チューニング)は正面から見て左からE・A・D・Gです。完全5度の関係で並んでおり、ギターやベースなどの楽器に触れたことのある方にとってはおなじみのチューニングです。

ギターなどは弦を弾いて音を鳴らしますがヴァイオリンの場合は弓で擦ことで音を出します。この点がヴァイオリンという楽器の肝であり、私達にとって比較的身近なギターやベースなどの弦楽器との最大の違いです。

どうしてヴァイオリンは「敷居が高い」楽器なの?

冒頭でもご紹介した通り、ヴァイオリンはギターやベースなどと比較すると「敷居が高い」楽器というイメージが持たれています。同じ弦楽器なのにどうしてこんなに違いがあるのでしょう?

いくつかの理由がありますが、やはりクラシックに使われることが多いという点が大きいでしょう。クラシックを演奏するためには幼いころから厳しいレッスンを受けなければならない…そんなイメージが持たれがちです。事実、一流の演奏家の多くは幼い頃から楽器を手にして英才教育を受けています。しかし、単純に演奏を「楽しむ」ことが目的であれば、何も英才教育を受ける必要はありません。それこそ、大人になってからであっても十分に楽しむことができます。それがあまり知られていないことで「敷居が高い」というイメージが持たれているのでしょう。

また、フレットの有無や弓を使って音を出すという点も難しいイメージを持たれる理由のひとつとなっているようです。

確かにギターやベースはフレットがあることで正しくチューニングできていれば初心者の方でも比較的簡単に正しい音程を鳴らすことができます。それに対してヴァイオリンにはフレットがありません。そのため、ポジションを覚えて最終的には耳で判断する必要があります。それが難しいと感じられるようです。

また、指やピックで弦を弾く場合、とりあえず音を出すのは難しくありません。それに対して弓の場合、ある程度正しく扱えなければ安定した音を出すことができないのです。

このような点からヴァイオリン=難しい楽器というイメージが生まれ、敷居が高く感じられてしまうこともあるようです。

確かにヴァイオリンは決して簡単な楽器とは言えません。しかし、古くから多くの人に愛され、演奏され続けてきた楽器です。なので、正しい演奏方法を学べば誰でも演奏を楽しめるようになります。

それこそ、近年増えているEYS音楽教室をはじめとする大人の音楽教室に通えば短期間で自由に演奏を楽しめることでしょう。

ヴァイオリンのルーツは?どんな歴史を持つの?

ヴァイオリンというと、遠い昔からさまざまな音楽で使用されてきた楽器です。しかし、そのルーツや歴史についてはあまり知られていません。

そこで、続いてはヴァイオリンのルーツや歴史についてご紹介しましょう。

あらゆる楽器に共通していますが、楽器のルーツにはいくつかの説があります。ヴァイオリンも例外ではありませんが、もっとも有力なのはラバーブという楽器から派生したものという説です。ラバーブは中東で誕生した楽器で、イスラム教の普及とともに世界中に広がっていったとされています。

中世以前の楽器は他の地域に伝わると、その土地に合ったスタイルに派生していくのが一般的です。ラバーブもヨーロッパではレベックという楽器に変化しました。

15~17世紀頃にレベックはヨーロッパで広がりダンスと共に演奏される庶民的な楽器として愛されています。

そんなレベックをさらに改良した現代のヴァイオリンが誕生したのは16世紀初頭という説が有力ですが、現存している最古のものは16世紀後半製のもの。しかし、それ以前から北イタリアをはじめとするヨーロッパ各地の文献などに登場しています。

その後、17~18世紀になるとストラディバリ一族やグァルネリ一族、ニコロ・アマティなど著名な製作者が相次いで誕生したことによってヴァイオリンという楽器の完成度はさらに高められていきます。

こうして完成したヴァイオリンですが近年ではさらなる進化を遂げており、エレキギターのように弦の振動を電気信号に変換してアンプから出力するエレクトリック・ヴァイオリンなども誕生しています。

さらに、低音弦を追加して5弦化することによってビオラの音域もカバーできるものなども登場し、ヴァイオリンも確実に進化を続けています。

グッドラック・ナギ by
音楽と猫とプロレスをこよなく愛する恐妻家系ライター。最近の悩みは抜け毛と優秀なレスラーの海外流出。特技は美味しい唐揚げ作り。今後の目標は極上のチャーシュー作り。座右の銘は「人生はギャグだ!フィクションだ!」by町田康。