楽器とボーカルの練習に役に立つ&読んで楽しい音楽情報

音楽に関する仕事に就くには~ピアノの調律師~

調律師 どうやってなる

数ある習い事の中でも、幼少期にピアノを習っていたという方は多いのではないでしょうか。アップライトでもグランドピアノでも、必要なのが「調律」。

年に一度は調律師さんが家にやってきて、普段はなかなか開けないピアノのふたを開けて、なにやらトントンやっている。調律をしてもらうと、ちょっと不調だったピアノの音色がよみがえり、途端にピアノの練習が楽しくなる。そんな経験をしたこともあるでしょう。

この調律師、どうしたらなれるもの?今回は、音楽に関する職業として「調律師」に迫ります。現役のピアノの調律師さんに話をお聞きしました。

調律師の仕事とは?

調律師 東京

 

ピアノは弾かなくても日が経つにつれ湿度や乾燥により音がずれてきてしまいます。それを正しい音に調整するのが調律師の仕事です。

ピアノの鍵盤は88鍵(音)あり、1音につき1~3本の弦がついています。つまり1台のピアノには220~250本もの弦がついていることになります。

1音に複数本の弦が付いていると、鍵盤を弾くことにより振動にずれが生じてきます。その弦によって振動が強かったり弱くなったりと、差が生じる現象のことを「うなり」と呼んでいます。このうなりを調律によって正しい音に直していくのです。

「調律」の作業は下記のように4つに分かれています。

1. 整調
鍵盤とアクションの動きを整え、鍵盤を押したときに正しい動きができるように調整します。正しい音に合わせるだけではなく、弾き手の「好みの音」に合わせ、弾き心地を決めます。

2. 調律
弦は1本それぞれ90kgもの重さで引っ張られています。そのため、時間が経つにつれ次第に音がずれてきてしまうものです。そこで、弦を引っ張っているチューニングピンをチューニングハンマーを使ってしめたり、あるいはゆるめたり、正しい音律に仕上げます。

3. 整音
1や2の作業を経て、音色のバランスを整えます。

4. 仕上げ
調律師本人が、最後に弾いてピアノ全体の音を確かめます。

どうやったら調律師になれるの?

ピアノ 職業

 

大きく分けて2つあります。ひとつが、師匠について技術を学ぶ方法。もうひとつが、専門学校や大学で学ぶ方法です。現在は資格の有無は関係なく調律師と名乗り、活動することができます。

しかし、調律師になるための資格試験「ピアノ調律技能検定」を導入し始めているので、ゆくゆくは資格が必須になる可能性があると思われます。

大学では国内で唯一、国立音楽大学の別科に調律師専修があります。調律師は男性の印象が強いですが、女性も多く通っています。

調律師に適正はある?

 

特に絶対音感が必要だとか、元々耳がいいとった特性は必要ありません。音の訓練をすることにより、正しい音を覚え、聞き分けることができるようになります。

ピアノを弾けることは必須条件ではありませんが、調律師の多くは、ピアノ経験者で弾くことができるようです。ちなみに話をお聞きした調律師さんは、3歳からピアノを始め、その経験から「ピアノ自体のことをもっと知りたい」と調律師に憧れを抱いて今に至るようです。

重い弦を片手で支えながら、もう片手で作業をするので、ある程度力は必要です。そして1時間半から2時間程度、集中して作業を続けるため神経を使い忍耐力も必要な仕事かもしれません。

 

ピアノのお手入れについて教えてもらいましょう(次ページへ)

Natsu by
カルチャー記事を中心に幅広いジャンルで活動中。面白くてためになる記事を心がけています。