楽器とボーカルの練習に役に立つ&読んで楽しい音楽情報

【初心者のためのアカペラ入門】練習方法からおすすめの練習曲など網羅解説!

アカペラとは何か?まずはアカペラを理解しよう

ご存知かとは思いますが、まずは「アカペラ」について簡単に説明すると、「伴奏なしで歌うこと」を指しています。
基本は、何人かが集まって、ハーモニーを堪能するジャンルです。しかし、ポップスやジャズ、讃美歌までも、無伴奏で歌う曲は意外と幅広くあるのです。ここでは、まずは、「アカペラ」そのものについて説明していきましょう。

①アカペラの誕生と歴史

アカペラは、イタリア語の「a cappella(ア カペッラ)」が元々の単語で、「礼拝堂風に」と言う意味です。「capella」と言うのが礼拝堂のこと。元々は、9世紀から10世紀頃のキリスト教かいの礼拝で、神を賛美するために創られた宗教曲の様式でした。グレゴリオ聖歌など、ご存じの方もいらっしゃるでしょう。
実は、必ずしも無伴奏ではなかったのですが、古い時代の楽譜は音符のみ書かれているものが多かったため、無伴奏のイメージが出来たのではないかと言われています。さらに、そのイメージが独り歩きし、無伴奏の歌唱曲全般を「アカペラ」と呼ぶようになりました。

前述しましたように、基本は「無伴奏の歌唱」をアカペラと呼びますから、そういう意味では。ノー・ジャンルです。ジャンルと言うよりは、「様式」と説明した方が、わかりやすいでしょう。

②アカペラにはどんなジャンルがある?

前述しましたように、基本は「無伴奏の歌唱」をアカペラと呼びますから、そういう意味では。ノー・ジャンルです。ジャンルと言うよりは、「様式」と説明した方が、わかりやすいでしょう。

③どんな声がおすすめ?

アカペラは、正に「声の魅力」を存分に楽しめるジャンルです。男声のみ、女声のみ、混声、児童合唱、どれも魅力的ですが、響きを作りやすい声の方がハーモニーが共鳴しやすく綺麗です。
例えば、ノンビブラートと言って、声の響きのみで歌う方法がありますが、そういった金管楽器のような声はアカペラの効力を発揮できるでしょう。

アカペラを歌う前に知っておきたいこと

①男声か女声か、それとも混声か

どんな声でアカペラを楽しむかは、当然のことながら、自分の声をを良く知ることです。性別もそうですが、響きあう声の仲間を見つけることが大切です。
年齢が様々でも、声は合わせることができます。歌が好きな人たちを集めて、声を合わせてみましょう。最初の一歩はそこからです。

②何人で歌うのがおすすめ?合唱でもアカペラは歌えます

基本的に、無伴奏で歌う曲をアカペラと言いますから、一人でもアカペラは歌うことができます。しかし、声の魅力を楽しむなら、ハモらなきゃ!出来れば4人くらいで声を合わせてみると楽しみも倍増します。
ハーモニーの厚みを楽しみたいなら、20人以上で合唱することをお勧めします。指揮者に指導してもらうことが必要ですが、壮大なハーモニーに感動すること請け合いです。

アカペラを楽しむのにお勧めしたい楽譜5選

①練習方法・楽譜アレンジ・ボイパこれ1冊!CD付 アカペラ・パーフェクト・ブック


https://www.amazon.co.jp/

あっしー (著, 編集)
ドレミ楽譜出版社  1980円

本書はアカペラの練習方法、楽譜の作り方、ボイパの知識等、アカペラに必要な基礎知識を詰め込んだ定番書です。付属しているCDにはアカペラ実演が収録されており、すぐにイメージがつかめるのも嬉しいですね。

②アカペラで歌おう ベスト曲集 Vol.1 (みんなでハモろう!)


https://www.amazon.co.jp/

前野 コトブキ (イラスト), 青山 しおり (その他), 八文字 裕紀 (その他)
ドレミ楽譜出版社 1540円

アカペラ初心者でも、仲間達と楽しくハーモニーを奏でたい!
ストリートやアフター5などで、是非チャレンジしてみて欲しい楽曲を収載した一品です。

③アカペラでクラシック (女声三部合唱)


https://www.amazon.co.jp/

いとう たつこ (著, 編集)
ドレミ楽譜出版社  1540円

クラシックの名曲をアカペラに編曲した曲集です。
言葉でなく、子音と母音の組み合わせのスキャット唱法により、器楽曲の美しい旋律を歌唱表現できるようにしました。アカペラとスキャットの持つそれぞれの魅力を存分に味わえる曲集です。

④女声合唱 やさしく歌える無伴奏(アカペラ)コーラス・セレクション


https://www.amazon.co.jp/

編曲: 大田 桜子
ヤマハミュージックメディア  1870円

クラシック曲から童謡・唱歌、ミュージカル、シャンソンなど多彩なジャンルの名曲がそろっています。女声のアカペラ・コーラスと言うことで、優しい声音を生かしてコンサートや結婚式、パーティなどで少人数でも盛り上がりましょう。やさしいアカペラコーラス曲集です。

⑤愛する歌 女声・同声合唱による10のメルヘン (若いひとたちのためのオリジナル・コーラス)


https://www.amazon.co.jp/

木下 牧子 (著)
音友出版社 1320円

作曲家の木下牧子さんのオリジナル・アカペラ合唱曲集です。少年少女・中学生・高校生・一般合唱団と幅広い対象年齢に合わせた、素直な言葉を優しいメロディで歌える素敵な曲集です。

参考記事(さらに詳しく知りたい方はこちら)
【アカペラの楽譜10選】上達するなら手元置きたいお進め曲集をご紹介

独学ではなくアカペラサークルに入りたい場合の選び方・ポイントは?

アカペラを楽しむには、一人では難しいものです。かといって、周りを見回しても、なかなか同志に合えないかも。やはり一番簡単なのは、サークルを見つけて入会することですよね。
どうせやるなら、できるだけ長く楽しくサークルも続けたい。どうしたら自分にあった、サークルを見つけることができるでしょうか。

アカペラ・サークルに入る時に注意したいこと

サークルは、基本的に「同じものが好き」と言う人の集まりです。しかしながら、人間が二人集まると、意見が食い違うことも起こりえます。せっかく入ったのに、あまり仲良くなれないまま抜けるのも気持ちよいものではありません。なので、やはり情報収集は大切ですね。
そういう意味では、ほとんどのサークルが「体験練習」と言うことをやっています。一度、一緒に練習してみて、雰囲気や扱っている曲などを知ることが出来るというお勧めのプランです。これなら、安心してサークルを選べますね。

参考記事(さらに詳しく知りたい方はこちら)
【決定版】アカペラサークルに入る場合のメリットや注意点〜選び方などをご紹介

サークルだけでなくEYS音楽教室でアカペラのレッスンはいかが?

期間限定!ヴォーカルコース入会金50%OFF

そうはいっても、サークルだと仲間同士で練習するのみで、客観的なアドバイスは受けられないかも。もうワンランク上を目指すなら、プロの指導を受けてみても良いでしょう。そこで、お勧めするのがEYS音楽教室です。
EYS音楽教室には「アカペラ」についての専門のコースがあります。通常の音楽教室ですと、「ボーカル」のでコースが設定され、その中で「アカペラ」と言うジャンルとしてレッスンを受けますが、「アカペラ」コースだけで、「リード、コーラス、ベース、ボイパ 」などのパートが別れ、それぞれ専門の講師がついて本格的なレッスンが可能です。
自分にあったサウンドを見つけるだけでなく、仲間を募ってコンサートも開けます。人前で披露することで、上達することも沢山ありますね。ぜひ、あなたも一歩上のレッスンを受けてみませんか?

\まずはお気軽にどうぞ/

歌うならこれ!おすすめのアカペラ曲10選

①「パプリカ – Foorin」ナギーレーン

色んなミュージシャンがカバーしている、米津玄師の名曲「パプリカ」の混声のアカペラ・カバー。曲が良いこともありますが、基本的なリードボーカル、テナー、ベースと言う形で伴奏の部分もベースが声で作っています。画像も綺麗で透明感のあるリード・ボーカルがおすすめです。

②「Perfume Medley」Pentatonix

今話題のアカペラグループ「Pentatonix」。メイン・ボーカルの女声と、男声の混声ですが、「ボイスパーカッション」と言うポジションが入っています。これは、リズムを刻むパートで、まずパーカッションの音を鳴らせるようになることが必須。曲全体のイメージを支える醍醐味が楽しめます。

③「永遠に」ゴスペラーズ

お馴染み「ゴスペラーズ」のアカペラ・ヴァージョンです。5人組の男声で、基本的なパートを分けて、しっかりと歌唱を聴かせています。同じ性別の声が集まると、やはりコーラスに安定感が出てきますね。バンドと一緒に歌うとダイナミックスが加味され、それも楽しく聴けると思います。

④「Lux Aeterna」VOCES8

女声二人、男声6人のアカペラ・グループ「VOCES8」。典型的なクラシックの発声法でジャンルを限らず歌っているグループですが、響きを重視した声の出し方ですので、教会や響きのあるコンサートホールなどで歌うことで、この映像のようなきれいな響きが堪能できます。

⑤「Agnus Dei」Vlaams Radiokoor

20人以上の混声合唱団のアカペラです。「Agnus Dei」と言うのは宗教曲に使われるオーソドックスな曲名で「神の子羊」と言う意味です。宗教曲は天上の高い教会で、神を賛美するためにのみ作曲されました。伴奏を必要としない曲が多くありますが、基本は和声の響きがマイクの役割をしています。多い人数で声を合わせて一つの言葉を唱えるのです。

⑥「G線上のアリア」Libera

こちらは少年合唱のグループ「Libera」。恐らく声変わり前の少年たちでしょうから、年齢の上限があります。
ウイーン少年合唱団など、男児の変声期前の声は独特の響きがあります。一時だけの宝物と言う意味では珍重されることもありますが、こういった声を使うのも、やはり教会での賛美が目的でした。女性が不浄と言われていた時代です。透明感のあるハーモニーが会堂に響くことを想像しながら聴いてみてください。

⑦「アメイジンググレイス」ヘイリー

アカペラは基本声の魅力を聴かせるジャンルなので、実は一人ではあまり歌われません。グループで聴いた方が、ハーモニーを楽しめるからかもしれません。
しかし、もともと教会音楽が発祥のアカペラですから、当然一人で歌うこともありました。
ここではヘイリーの気持ちの良い声と言葉を堪能できます。

⑧「癒しのグレゴリオ聖歌」

アカペラの原点である、グレゴリオ聖歌です。
女子禁制だった修道院で毎日のように賛美されています。基本、こういった賛美のために使う曲には「司式」と「応答」と言う形があり、この曲もソロで歌う「司式」に多声で歌う「応答」で質問と答えという賛美の仕方をしています。昨今は、ストレス解消の音楽としても聴かれていますよね。

⑨「Pass Me The Jazz」The Real Group

典型的なスイングのアカペラ・バージョン。やはりジャズはアカペラの醍醐味でしょう。何より、面白いリズムと、属音と言われる、ハモラない和声がたっぷり入っていて、不協和音の楽しさも味わえます。指をならしながら、身体中から楽しめるジャズ・スイングは一度は試してみたい曲ですよね。

⑩「ディズニーソング・アカペラメドレー」 DCappella

こちらも混声のアカペラ・グループ「DCapella」のディズニーメドレー。ダンスもあり、観ているだけでも楽しいですが、「メドレー」もアカペラの醍醐味。色んな曲を続けて歌っていく形式ですが、和声の変化も声が表現するので、ダンスも含めて音楽感が広がります。

参考記事(さらに詳しく知りたい方はこちら)
【2020最新】アカペラのおすすめ練習曲をジャンル別に徹底解説!

アカペラのおすすめアプリもご紹介

無料アプリ「Acapella」が優れもの

アカペラ制作簡単3ステップである、「レイアウトを選択」、「 動画の撮影」、「 作品を共有」が網羅され、アップルでもアンドロイドでも利用可能です。1分の録音までは無料、有料ですと、さらにコンテンツが充実してきます。
ダウンロードは以下から。
https://apps.apple.com/

参考記事(さらに詳しく知りたい方はこちら)
【アカペラにおすすめ&必携のアプリ5選】便利なアイテムを使いこなして上達しよう!

この声は至高!おすすめのアカペラ歌手・アーティスト3人もご紹介

①マンハッタントランスファー

80年代のヒット曲「バートランド」でお馴染みの男女混合4人組。完璧なハーモニーと軽快なオリジナルが最高のバンドです。

②ダークダックス

50年代にデビューした日本の男声コーラスグループの先駆け。今は解散なさっていますが、この当時にジャズやポップス、はたまた童謡まで。お茶の間の人気者でした。

③Pentatonix

やはり最近の一押しはPentatonixです。サウンドやアレンジももエレクトリックで面白いのと、それぞれが聴き心地良い声を持っていると思います。讃美歌でも歌えそうな柔らかさというか。ノリの良いサウンドで声の魅力も楽しめます。ヴィジュアルも一押しですね。

参考記事(さらに詳しく知りたい方はこちら)
初心者こそ参考にしてほしいアカペラのおすすめ歌手・アーティスト9選を徹底解説!

最後に

駆け足で「アカペラ」のご紹介をしてきましたがいかがでしたでしょうか?アカペラは声がそろえばその場で歌いだせるのが魅力。
下手だからとか、音痴だからとか気にせずに、気持ちと声がぴったりのメンバーを見つけてぜひ楽しんでみてくださいね!

by
音楽や楽器の練習・上達方法について編集部員がご紹介いたします。