楽器とボーカルの練習に役に立つ&読んで楽しい音楽情報

【初心者必読】楽器未経験でも三線が弾けるようになる3つのポイントとは?

こちらの記事は、これから三線をはじめようと思っている方や三線をはじめたばかりで何を学べば良いかお悩みの方など、三線の初心者の方に向けた記事となっております。三線の初心者の方が躓いてしまうポイントや、見慣れない聞き慣れないことでモチベーションが下がってしまわないように、せっかく「三線」という楽器に興味を持っていただいたので前向きに明るく三線ライフを楽しんでいただきますよう、三線初心者の方へ3つのポイントをご紹介していきます。

演奏の準備

すでに三線をお持ちの方であれば目の前にご準備ください。まだ三線をお持ちで無い場合でもご安心ください。購入された時にこの記事をご覧いただければ、はじめの一歩を進めていけると思います。

ウマを立てる

三線は弦の振動を音にする、いわゆる「弦楽器」に分類されます。演奏前には、図説した「ウマ」と呼ばれるものが倒されている状態かと思いますので、これを立てるところから始めましょう。

ウマを立てる際には、図のように弦を左手人差し指で持ち上げ、ウマの両側面を右手でつまむと良いでしょう。ウマを立てる場所は、糸掛け(楽器下部の弦が結われている場所)から指3本分くらいの場所を目安に。図のように、シールで目印しておくと良いでしょう。

チューニング(ちんだみ)を行う

ウマを立てたら次に正しい音で鳴るように弦の調整を行います。三線は基本的に唄と一緒に演奏する楽器ですので、自分の唄の音の高さで弦を調整します。この弦の調整のことを「ちんだみ」と言います。ギターやバイオリンは「チューニング」と言います。

三線でちんだみをする場合は、楽器上部にある「からくい」という部位をまわして調整します。回し方は以下の図のように、からくいの先端と楽器を挟むように握ります。慣れないうちは片手ではなく、両手を使って回しても良いでしょう。

バチを正しく持つ

バチの先端部分を弦にあてて音を出します。バチの先端部分をコントロールするためには、先端部分に意識がいくように指を設置する必要がありますので、バチの持ち方の手順としては、まず先端部分をつまむように持ちます。人差し指を入れる穴には、指を浅く入れる程度で問題ありません。

バチは三線本体に対して寝かせて構えます。手首も不自然に曲げることになるので三線が初心者の段階では手首に負担が掛かることもあるでしょう。無理はしないように、慣らしていきましょう。

三線の構え方

三線本体は、身体の中心から少し外に位置するように、そして右腕の重みで三線本体がバランス取れるようになると演奏しやすくなります。

三線を鳴らしてみよう

いよいよ三線を鳴らす段階にまで到達しました。あとは思うまま三線の奏でる音に心をゆだねましょう。バチをつかって弦を弾いてみましょう。音が出れば、すでに気分は沖縄が連想されるかと思います。ここでは演奏する際のポイントを少しだけご紹介していきます。

バチを弦に当てる

バチを持った手先と楽器を支えている手首付近、そして腕全体が連動するのが理想です。バチは自然に振りかぶり振り落とします。その際に力をなるべく入れないように「力を抜こう」と意識するようにしましょう。はじめのうちは無意識のうちに力んでしまうものですから、「力を入れないように」と意識をすると良いですよ。また、バチの先端が弦に的確に当たるまで何度も反復練習すると身についてきます。

左指で弦を押さえて弾く

左指は弦を押さえるために使用します。押さえる場所のことを「勘所」と言います。勘所を押さえる指に決まりがありますので、正しい指使いを覚えていきましょう。下図のように押さえる場所に目印シールを貼っても良いかもしれません。

工工四を読んでみよう

三線を演奏する際に利用する譜面のことを「工工四」と言います。読み方は「くんくんしー」です。以下のように漢字の羅列なのではじめは抵抗あるかもしれません。

工工四とは

工工四には、マス目に漢字が書かれています。この漢字は先程ご紹介した「勘所」です。工工四はすなわち、押さえる場所を読んでいく譜面ということです。西洋音楽で使う譜面、いわゆる「五線譜」は、音符が書かれています。音の長さや高さ、強弱や進行など、五線譜には様々な要素が記載されておりますので苦手意識を持っている方も多いのではないでしょうか。その点、工工四は押さえる場所が簡潔に記載されているものなので取り組みやすいといえます。

工工四に慣れていこう

三線の初心者の方の中には他の楽器を経験されてきた方がいるかもしれません。前述したように、ピアノやバイオリンなどで使用する五線譜と工工四は異なりますが、音を奏でるという意味では三線でも音階(ドレミファソラシドなど)を演奏することができます。三線の押さえる場所をドレミファソラシドで覚えることも可能ですが、三線は唄のキーによってちんだみを変えていく楽器です。押さえる場所の音で覚えてしまうと、ちんだみを変更した時に混乱してしまいますので、工工四を覚えるようにしていきましょう。

基礎をしっかりプロから学ぼう

ここまで、三線初心者の方向けに、三線が弾けるようになる3つのポイントをご紹介してきました。しかし、文章だけでは伝わらない点もありますし、人によって身体差や楽器適正の有無などの違いがあることも事実です。

独学の人がつまづいてしまう理由

特に三線初心者の方で独学ではじめる方がつまづいてしまうポイントは「三線演奏前の準備」と言われています。この記事でご紹介したように、ウマを立てるところや弦の音をあわせるチューニング、楽器の構え方などで思うように進められないことからモチベーションが下がってしまう人も少なくないようです。

EYS音楽教室をおすすめする理由

三線初心者の方でも、楽器演奏前のつまづきを回避してもらうようにマンツーマンレッスンを提供しているのがEYS音楽教室です。従来、三線は演奏人口が少ない楽器ですので教えてくれる人を探すのが難しいと言われています。会社や自宅の近くに三線レッスンをやってくれる教室が無い、という声もあるようです。また三線はグループレッスンを実施しているところはあるようですが、早くに上達するには、マンツーマンで集中してレッスンを受けられるEYS音楽教室がおすすめです。

楽器をお持ちで無い方は貸し出しもしてくれますし、無料体験レッスンを受けて教室や講師の雰囲気を知ってからはじめてみるのも良いのではないでしょうか。まずは気軽に相談してみることをおすすめします。

最後に

いかがでしたか。三線初心者の方でも、押さえておくべきポイントをしっかり学んだ上で楽器を楽しんでいくことはできると感じていただけたなら幸いです。また、どうしても躓いてしまうようなことがあっても、EYS音楽教室ならお一人おひとりに合ったマンツーマンレッスンを提供していますので安心です。皆様の三線ライフが充実することを願っています。

by