楽器とボーカルの練習に役に立つ&読んで楽しい音楽情報

映画を見るとバンドがやりたくなる!邦画【バンド映画】

バンド映画

音楽は映画の題材としても不変的なテーマ。日本でも音楽、特にバンド活動を描いた作品が多く製作されてきました。音楽フェスやコンサートが多く開催されるこの季節、いつも以上に音楽を身近に感じることもあるのではないでしょうか。

フェスやコンサートに行けなかった!という方も、キラキラの青春真っ只中の方も、かつてバンド活動で青春した方も楽しめる「バンド」をテーマにしたおすすめの音楽映画を紹介します。

 

あの頃の青春がよみがえる?バンドがテーマの音楽映画

ソラニン


浅野いにお原作のコミックを、YUI、ORANGE RANGE等人気ミュージシャンのミュージックビデオを制作する三木孝浩監督が実写化。就職したがつまらない毎日に嫌気がさし、2年で会社を辞めた芽衣子(宮﨑あおい)と、音楽の夢を捨てられない恋人・種田(高良健吾)は音楽への夢を叶えられるのか?

彼らの恋愛模様や若者たちの夢と現実の葛藤を描く青春音楽映画。芽衣子がギターを弾き歌う「ソラニン」は、作者がストーリーをもとに書き下ろした詞に、ASIAN KUNG-FU GENERATIONが作曲をしています。

 

リンダ リンダ リンダ


オフビートな作風が特徴で「日本のアキ・カウリスマキ」「日本のジム・ジャームッシュ」と称される山下敦弘監督による青春音楽映画。

舞台はとある田舎町の高校。文化祭を直前に軽音楽部のガールズバンドのギタリストが骨折してしまう。この件をきっかけに仲たがいしてしまい、ギタリストとボーカルがバンドをやめてしまった。残ったドラムの響子(前田亜季)、キーボード(後にギター)の恵(香椎由宇)、ベースの望(関根史織)の3人はひょんなことから韓国人留学生ソン(ペ・ドゥナ)をボーカルに誘い、文化祭のステージに立つために猛練習を始めるが…。

THE BLUE HEARTSの「リンダ リンダ」のノリノリのメロディがハートをロックします。

 

少年メリケンサック


人気監督、宮藤官九郎が贈る破茶滅茶音楽コメディー映画。ある日、ネットで伝説のパンクバンド「少年メリケンサック」のことを知ったレコード会社で働くお気楽OLかんな(宮﨑あおい)。話を聞こうと探し出したが、彼らはダメダメのどうしようもないオヤジたちになっていた。

しかし、ひょんなことからマネージャーとして彼らと全国ツアーに出ることになったかんなの奮闘劇が始まる。彼女を振り回すバンドメンバーには佐藤浩市、木村祐一、田口トモロヲ、三宅弘城がキャスティングされ、一筋縄ではいかない曲者オヤジっぷりを熱演。

 

アイデン&ティティ


みうらじゅん原作のコミックを宮藤官九郎が脚本を担当し、田口トモロヲが実写化した作品です。バンドブームに乗って念願のメジャーデビューを果たした、ギターの中島(峯田和伸)、ボーカルのジョニー(中村獅童)、ベースのトシ(大森南朋)、ドラムの豆蔵(マギー)の4人組ロックバンド「SPEED WAY」。

ファーストシングルも売れ行き順調。しかし、本当に歌いたい歌とヒットする歌の間でジレンマを感じていた。ある日、中島のもとにボブ・ディランに似た “ロックの神様”が現われる…。ジーンとくるセリフが多いことでも話題になりました。

 

ROCKERS(ロッカーズ)


この作品で監督デビューをはたした陣内孝則。彼がロックに青春を賭けた自身のバンド時代の体験をもとに綴った自伝的青春音楽映画。プロでの成功を夢見る博多のアマチュアバンド“ロッカーズ”。

メンバーは、いつもバンドに批判的な親と喧嘩ばかりしているボーカルのジン(中村俊介)、筋肉マニアで惚れっぽいドラムのモモちゃん(岡田義徳)、合法ドラッグでいつもヘロヘロのベースのガクちゃん(佐藤隆太)、内股で占いマニアのギターのコーちゃん(塚本高史)の4人。自分たちの音楽に限界を感じ突破口を開くべく新メンバーを募集する。

抜群のギターセンスを持つタニ(玉木宏)が加入し、真剣にプロを目指し始めるが…。中井貴一や小泉今日子といった豪華ゲストに加え、松重豊、伊佐山ひろ子をはじめとする福岡出身の俳優やタレントが多数出演していることも話題になりました。

 

BANDAGE(バンデイジ)


「リリイ・シュシュのすべて」でタッグを組んだ小林武史(監督)と岩井俊二(脚本)が再び手がける青春バンド映画。

バンドブーム真っ只中の1990年代、ボーカルのナツ(赤西仁)とユキヤ(高良健吾)、ドラムのリュージ(金子ノブアキ)、ベースのケンジ(笠原秀幸)は、LANDSというバンドを組んでいた。ある日、彼らのライブに行ったアサコ(北乃きい)とミハル(杏)は、楽屋に忍び込むこむ…。小林武史と赤西仁が、LANDSとして楽曲を発表したことも話題になりました。

 

キセキ -あの日のソビト-


「そして父になる」や「海街diary」で助監督を務めた兼重淳が監督、「ROCKERS」や「黄泉がえり」などの斉藤ひろしが脚本を手がける。素顔を見せず歯科医と二足のわらじを履く4人組ボーカルグループGReeeeN

彼らのヒット曲「キセキ」誕生秘話を映画化した青春映画。厳格な父親の反対あうも音楽の道に選んだジン(松坂桃李)だったが、なかなか芽が出ない。親の期待通りに歯科医を目指す弟のヒデ(菅田将暉)と仲間には音楽的の才能があることに気付き自分の夢を託すが、兄弟は父親に音楽への思い入れを打ち明けられずにいた。そこで、バレずにデビューする方法を考えるが…。

 

日本を舞台に繰り広げられるバンドをテーマにした映画をご紹介しましたが、いかがでしたか?気になる作品はありましたか?

どれもバンド音楽に情熱をかたむける主人公たちが繰り広げる素敵なストーリーばかりです。この記事を読んで気になる映画があったら、ぜひ観てみてくださいね。

 

●映画で旅する! 連載企画
アメリカ&カナダ【ロック映画】編
イギリス&アイルランド編
イタリア&スペイン編

 

希望者には楽器をプレゼント♪
すぐに始められる音楽レッスン
EYS音楽教室

ナカヤアキ by
幼少から音楽のある環境で育ち、気がつけば音楽が大好きに。クラシック、ジャズ、ロックはもちろん地球上にある音楽が大好きです。明るく前向きに、をモットーに元気になれるストーリーをお届けします。