楽器とボーカルの練習に役に立つ&読んで楽しい音楽情報

むしろ歌なんていらない!?楽器だけで魅了するインストバンド5選 Vol.2 後編

インスト バンド

インストバンドの記事、前編から続いています。

H ZETTRIO

続いて紹介するのは、ピアニストのH ZETT M(エイチ・ゼット・エム)が率いる、ピアノトリオバンドH ZETTRIO(エイチゼットリオ)。

これまでにPE’Zや椎名林檎の率いた東京事変でも活躍してきたH ZETT Mは、このバンドで「大人も子どもも“笑って踊れる”」をテーマに掲げています。

その意味は、ライブパフォーマンスを見ればお分かりいただけるでしょう。

 

3人の演奏力はさることながら、鼻に色を付けたピエロのようなルックスもユニーク。

しかし何といっても注目すべきは、H ZETT Mのステージングです。

ほとんど椅子に腰掛けず、フラフラしながら飛び跳ねたり、椅子に寝転んだり、ピアノの下に潜ったりと、とにかく自由奔放!

飄々としたキャラクターも多くの人を惹きつけ、海外でも人気を集めています。

2014年には、JAZZの世界的フェスティバル「Montreux Jazz Festival 2014」にも出演。

歓声の大きさから、その人気ぶりがわかります。

 

Matt Sounds

最後に紹介するのは、レゲエやスカ、ロックステディといったジャマイカで生まれた音楽を演奏するMatt Sounds(マット・サウンズ)。

ドラムの森俊也さん、ギターの秋廣真一郎さん、キーボーディストの外池満広さん、ベースの小粥鐡人さんの4人を中心に結成され、他のメンバーも日本のジャマイカンミュージックを牽引する凄腕が揃っています。

2017年の4月には待望のファースト・アルバム「Matt Sounds」をリリース。

黒澤明監督の映画「七人の侍」のテーマ曲のスカカバーなど、意外なカバー曲をいぶし銀のサウンドで奏でています。

 

Matt Soundsは、2014年のキース&テックスのバックやカールトン&ザ・シューズ、リロイ・シブルス、ストレンジャー・コール、クリストファー・エリス、ビービー・シートンなどのミュージシャンが来日公演を行った際のバックを努め、本場ジャマイカのレジェントからも絶賛されています。

ジャマイカンミュージック独特の“土臭い雰囲気”をしっかりと体現しながら、日本人ならではの洗練された職人技も光る演奏は、ぜひライブで感じて欲しい!

 

いかがでしたでしょうか?

前回に続いて選りすぐりの5バンドを紹介しました。

「歌」という、決まったメロディーや歌詞が存在しないインストロメンタルというスタイルは、表現の自由度が高く、どのバンドも実に個性的。

そして、そんな楽器だけで世界観を作り上げるインストバンドとボーカリストとの意外なコラボレーションもまた面白いですよね♪

インストバンドは、もしかすると飽和状態ともいえる音楽シーンの新たな道を切り開く“切り札”なのかもしれません。

●前回の記事はコチラ!
むしろ歌なんていらない!?楽器だけで魅了するインストバンド5選(パート1)

 

32種の楽器&ヴォーカルコース
EYS音楽教室

しも by
1984年生まれのフリーライター。 信州安曇野出身・東京多摩地区在住。 レゲエユニット「KaRaLi(カラリ)」でミュージシャンとしても活動中。