楽器とボーカルの練習に役に立つ&読んで楽しい音楽情報

観るだけで旅気分!?音楽映画で旅しよう!【南米編】

南米 映画

南米を舞台にした映画を観たことはあるでしょうか。南米の各国は社会的背景が日本とは全く異なるため、私たち日本人にとっては、作品を観ることで「非日常」を感じることができるでしょう。

今回はそんな南米を舞台にした映画の中から、音楽が特徴的な7作品をご紹介します。

世相を反映したセンセーショナルなテーマを扱う作品が多いですが、映画を通して何かを感じ、得るものがあるかもしれません。ストーリーはもちろん、音楽も一緒に楽しんでみてください!

『天国の口、終わりの楽園(Y tu mama tambien)』メキシコ

 

主人公はメキシコの富裕な家庭出身のフリオとテノッチ。高校卒業をした彼らですが、二人とも彼女はバケーションに出かけていて溢れるエネルギーを持て余していました。パーティーなどに出かけるものの、後に残るのは虚無感ばかり。

そこで、2人はスペイン美女ルイサをナンパして旅に連れ出すことを画策します。ルイサは夫から不倫したことを告白され、そのショックからフリオとテノッチの誘いに乗るのです。

3人は車を乗り回し陽気にメキシコの旅を楽しんでいますが、「今」を楽しく生きる彼らと対照的に、劇中には麻薬戦争による衝撃的なシーン、重装備の軍隊がパトロールをしている姿など、厳然たるメキシコの現実に関する描写もあります。死と生のコントラストが強烈な映画です。

劇中挿入歌のほとんどが、軽快でノリノリになれるメキシコ音楽で構成されています。映画を観つつ、その挿入歌を聴いているだけで元気になれること間違いなしです。

 

『モーターサイクル・ダイアリーズ(The Motorcycle Diaries)』アルゼンチン

 

革命家チェ・ゲバラの若き日の南米旅行記を元に映画化した作品です。

舞台は1952年アルゼンチン。当時のチェ・ゲバラは医学の道を志す学生でした。しかし、チェは大学を休学し、友人のアルベルト・グラナードと共にバイクで南米大陸横断の旅に出かけることに。

旅の道中、チェはチリの鉱山で過酷な環境で働く労働者、ペルーのマチュピチュに暮らす先住民の貧しい暮らし、隔離されたハンセン病患者など南米社会の厳しい現実を目の当たりにします。この旅が後にゲバラを共産主義革命へと駆り立てるきっかけとなりました。南米の人々の生活風景の描写が印象的な映画です。

そして、終始流れているギターの音色にも気を留めてみてください。ちなみに、ウルグアイのシンガーソングライターのホルヘ・ドレクスレルによる映画の主題歌「河を渡って木立の中へ Al Otro Lado del Río」は、2004年のアカデミー賞歌曲賞を受賞しています。

 

『そして、ひと粒のひかり(Maria Full of Grace)』コロンビア

 

主人公はコロンビアの田舎町に住む17歳の少女マリア。彼女は農場で働くことで家計を支えていましたが、ささいなトラブルで農場を辞めざるを得なくなります。日々の生活に嫌気を感じたマリアは、首都・ボゴタに新たな仕事のチャンスを求めに行くことに。

しかし、ボゴタを目指す道中で出会った男からアメリカに麻薬を運ぶ仕事を紹介され、大金が稼げることから安易に仕事を請け負います。マリアはアメリカへと飛行機で向かいますが、機中や現地に着いてからも様々なトラブルに見舞われます。待ち受ける困難、そして異国の地で、己の進むべき道を探していくというストーリーです。

コロンビアの抱える非情な現実を描いたことで、劇場公開された当時は物議を醸した作品でもあります。

コロンビアはサルサが盛んな国であり、映画の中でもサルサラテンミュージックが流れているので、ぜひ音楽にも耳を傾けてみてください。

 

まだまだある!南米が舞台の映画(次ページへ)

森本進也 by
編集者・ライター。IT企業のオウンドメディア記事、コラム記事、セールスレター・、コーポレートサイトのテキスト執筆、英日翻訳で生計を立てています。趣味はサルサダンス、ギター演奏で楽しい時間を過ごすこと。